« 「てんしす!2.0」、冊子通販、はじまりました。 | トップページ | 浜松日薬学術大会ポスター発表内容公開。 »

行かなくても書ける学術大会の「参加報告書」の書き方を考える遊び

日薬学術大会の報告書を書くのに悩んでいるみなさん向けの、夏休みの読書感想文で困っている小学生に向けたアドバイス的なネタです。

これは団体役員や会社の出資で参加した方々の書いた「報告書」という名前の文章に共通する点を並べたものです。

  ☆

【これだけ書けば許されるらしい】
 開催場所、日時
 会場の看板前の写真
 会場周辺の建物の写真
 開会式の流れ。
  会長が挨拶して表彰があって薬剤師綱領の盾
 特別講演の内容。抄録集のパクリ。
 午後の様子。行ってなくても「熱気に包まれ」と書く。
  役員は分科会について。抄録集のパクリ。
  会員はランチョンセミナーについて。
 懇親会あるいは同窓会に参加したこと。
  会員は、行った店の料理の写真を並べる。
 二日目については書かない。
  書くとしたら、企業展示について。
  「参加者の視界に必ず入っていたはず」のものは書く。
   モバイルファーマシー、バイク、水族館
 ポスター発表していたら「しました」とだけ書く。
 発表していなかったら「たくさんの演題がありました」。
   どの演題を見たか、質問したかどうかは書かない。
 「有意義な大会であった」でしめる。
 次回の会場地を最後に書く。


  ☆

はい、簡単ですね。

およそ1ページ分になります。写真を入れれば、数ページになります。

今回の場合は、浜松で第45回、10月6~7日、特別講演は瀬名秀明。

ランチョンに参加したと書いた場合は、お昼御飯については書いてはいけません。余った弁当はどうしたの?と訊かれてボロが出ます。弁当の種類を訊かれたら、知らない店の松花堂弁当でしたと答えれば大丈夫です。

行った店の料理を並べるのは、テクニックの一つです。料理の写真は食べ歩きが好きなひとのブログに山ほど載っています。

分科会やポスターについては、「今後の参考にしたいと思います」と付け加えるだけで、すごい量の知識を得てきたような印象になります。

うっかり「検討したいと思います」と書くと、検討しているかどうかのチェックが入りますので、気をつけましょう。もし検討と書くなら、検討しても実現しないことがわかっていることについて書くのが無難です。たとえば、モバイル・ファーマシーの「一薬局一台」装備とか。

次回開催地をあえて書きます。「次の開催地にも(補助金付きで)行きたいなぁ」と書くのと同じですから。

  ☆

まあ、そろそろお気づきのかたもいらっしゃると思いますが、

各県薬雑誌の県薬役員の参加報告書を読んでいただくと、こういったタイプの報告書が載っている場合があるわけです。

でもね。

公費で参加したなら、

【分科会や特別講演やポスター展示などで自ら質問する】とか

【会場の質問と演者の返答を再現し、自分なりの考察も入れる】とか

【(自分の会社や県薬会員による)変な発表があったら指摘する】とか、

そーゆーことくらい、やったうえで、報告書にも書かないとダメでしょ。

ましてや、

「公費参加のくせに学会終了時間前から観光ツアーに参加するのが当たり前だと思っているけれど報告書には一切書かない」

なんてのを代表報告者に選ぶのは、会員に対する裏切りって感じ。

参加報告書が載る県薬雑誌は、要注目!ですよー♪

  ☆

注:「うちの県薬のことを言ってるのか!」とお怒りの役員の方がいたら驚きますが、仮にいるなら、「貴方の思っている通りなんでしょう」としか言いようがありません。薬剤師会から補助が出ないと学術大会に行きたくないという役員の方は、開催地の大会ボランティアさんたち数百人の目の前で、その旨を宣言してみてください。

|

« 「てんしす!2.0」、冊子通販、はじまりました。 | トップページ | 浜松日薬学術大会ポスター発表内容公開。 »

学会発表」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/539089/55918469

この記事へのトラックバック一覧です: 行かなくても書ける学術大会の「参加報告書」の書き方を考える遊び:

« 「てんしす!2.0」、冊子通販、はじまりました。 | トップページ | 浜松日薬学術大会ポスター発表内容公開。 »