« 日薬総会議事録2012年6月「日薬のイメージキャラクター」 | トップページ | 「てんしす!2.0」、冊子通販、はじまりました。 »

日薬の学校薬剤師アンケートに勝手に記入してみる遊び。

日薬ホームページの公開情報に、各都道府県薬剤師会向けの、学校薬剤師関連のアンケートが掲載されています。

今回は、勝手に記入してみる遊びです。

いえ、記入するだけで、送ったりしません。

記入する立場は…えーと、都薬さんあたりを想定してみます。

  ☆

日 薬 業発第172号 平成24年9月12日
都道府県薬剤師会会長 殿
日本薬剤師会 会長 児玉 孝

学校薬剤師の組織状況等に係るアンケート調査について(依頼)

謹啓 平素より本会会務に格別のご高配を賜り厚く御礼申し上げます。
また、本会学校薬剤師部会の業務につきましてご理解、ご協力を賜り、厚く御礼申し上げます。

さて、本会では今年度より学校薬剤師組織を統合し、それを踏まえた学校薬剤師活動の支援について学校薬剤師部会を中心に検討し、具体的に学校薬剤師活動の充実と徹底を図るための事業を実施していく予定です。

つきましては、今後、係る事業を実践するために、直近の各都道府県薬剤師会における学校薬剤師の組織状況等を把握するため「学校薬剤師の組織状況等に係るアンケート調査」を実施いたしますので、業務ご繁多の折誠に恐縮ではございますが、別添の調査票にご記入の上、FAX あるいはメールにて下記宛9月24日(月)迄ご回答下さいますようお願い申し上げます。

なお、学校薬剤師組織が別にございます場合は、何卒ご配慮をいただきますとともに、ご回答は誠に勝手ながら貴会の学校薬剤師担当役員に、ご記入下さいますよう重ねてお願いいたします。

敬具

【学 校 薬 剤 師 の 組 織 状 況 等 に 係 る 調 査 票】

該当する記号を○で囲み、「その他」の場合は具体的にご記入下さい。

①-1 日本薬剤師会(以下、日薬)は今年の4月より学校薬剤師組織を統合しました。同様に、貴都道府県の学校薬剤師会と貴都道府県薬の学校薬剤師部会等の組織を統合するお考えがあるかどうか、状況をお聞かせ下さい。

A 統合することを検討している
B 統合することに問題がある
C 既に統合済みである
D その他(具体的に )

回答:B 昨年別組織になったばかり。

① -2 設問①-1 においてBを回答された都道府県にお聞きします。

 組織統合する上で、どのような問題がありますか。できるだけ具体的にお書き下さい。

回答:昨年別組織になったばかり。これは日薬にも伝えてあります。日薬が組織を統合するよりも前の話です。

② 学校薬剤師の(部)会員名簿について

A ある B ない C その他(具体的に )

回答:B

③-1 学校薬剤師である貴都道府県内の非会員の入会について

A 積極的に入会促進を行っている
B 任意加入なので特別な事はしていない
C 支部や地域の薬剤師会に任せている
D その他(具体的に )

回答:BでC

③-2 設問③-1 においてAを回答された都道府県にお聞きします。

具体的にどのような入会促進を行っていますか。また、効果等は実感されて
いますか。

回答:なし

④ 学校薬剤師の会費徴収について

A 県薬会費として通常会費と併せて徴収している
B 県学薬会費として県薬会費とは別に徴収している
C 学校薬剤師の会費としては原則徴収していない
D 事業費や活動費として必要な時、適宜徴収している
E その他(具体的に )

回答:C

④-1 日薬の学校薬剤師部会の負担金について

A 負担金の納入に問題なく協力できる
B 負担金の納入に協力するには条件等がある
C その他(具体的に)

回答:C 協力できない。協力しない。条件以前の問題。

④-2 設問④-1 においてBを回答された都道府県にお聞きします。

納入について条件やご意見がある場合は、できるだけ具体的にお書き下さい。

回答:なし

⑤ 学校薬剤師の会員に向けて、具体的にどのような活動を行っていますか。または、これから行う予定でいますか。

回答:職域組織との連携はとりますが、職能組織である薬剤師会は、職能の面について広範に活動を行うものです。定款に目的及び事業が明記されていますので、そちらをご覧ください。また、本年度の事業計画についてもホームページで公開しております。都の職域組織にもご確認ください。

⑥ 日薬の学校薬剤師部会にこれから期待することは何ですか。

部会のくせに「日本学校薬剤師会」のように振舞うのは、やめてください。それとも、日薬の病院薬剤師部会は「日本病院薬剤師会」のように振舞っているのでしょうか。

日薬は職能の組織であって、「職域の連合体」ではありません。それは日薬の定款に明記されていることですから、執行部の行っている行動は、定款に反します。公益法人になる前の、社団法人日本薬剤師会の執行部が駆け込みで行った事業が残ってしまうのは仕方がありませんが、公益法人日本薬剤師会として、適切に、定款に沿った方向へと動くことを宣言していただきたいと思います。

部会は、定款第45条にあるとおり、職域を同じくする会員(有志)による起案によって理事会の承認を得て設置されるものです。職能組織内の、いわゆる同好会組織であり、部会予算に関する明文化された規定が存在しない以上、その運営予算等は部会に所属する有志によって自ら集金され自ら決算を行うべきであると考えます。これは学校薬剤師部会以外のすべての部会にもいえることです。公益社団法人日本薬剤師会は、各会員に対して、部会への参加意志の確認を行っていませんから、現時点において、部会参加者はゼロであり、部会自体が存在できないものと考えられます。公益社団法人日本薬剤師会の理事会において、個々の部会が承認されたのでしょうか。部会員名簿は存在しますか。部会費はどのように徴収しているのでしょうか。

なお、定款の規定に従うならば、職域を同じくする会員は、すでに同じ職域の部会が存在していたとしても、理事会の承認さえ得られれば、第二第三の部会を設置できることになります。(同職域部会は禁止されていないので
第一部会のやっていることに反対する第二部会が定款上存在できる以上、国内唯一の全国規模の職域組織であるかのようなふるまいはできないはずです。

(旧)日本学校薬剤師会のホームページには、「日本学校薬剤師会は平成24年4月1日より日本薬剤師会と一体化することにより、公益社団法人日本薬剤師会学校薬剤師部会として活動することとなりました。準備移行期間は、本ページで情報提供を続けて参ります。」と記載がありますが、全ての旧・日本学校薬剤師会会員が各都道府県薬剤師会に入会しているのでしょうか。また、この記載からは、日本学校薬剤師会は平成24年3月31日付けで解散したようですが、国際的に認知された日本の学校薬剤師の職域全国規模団体は存在しないということでよろしいでしょうか。

「公益法人」の日薬の定款では第六条の会員資格において正会員資格に「本会が承認した都道府県薬剤師会会員であること」とあります。日薬の公益法人化の日をもって、都道府県薬剤師会会員ではない学校薬剤師は、全員日薬会員になれず、従って、旧・日本学校薬剤師会を除名された、あるいは脱退したということになります。

また、学校薬剤師業務は、定款の第四条にある事業に明記されていません。

  ☆

以上。

都薬さんという架空の団体の立場を想定してみました。

なお、「部会」なるものがどういったものであるのかは不明です。

「会員が議事録を読めない」、「有志の申請でつくるのに部会長を日薬会長が指名して理事会で決議する」、「誰が部会員なのかわからない」、「どうやって部会員になるのかがわからない」といったものですし。

|

« 日薬総会議事録2012年6月「日薬のイメージキャラクター」 | トップページ | 「てんしす!2.0」、冊子通販、はじまりました。 »

ぷろ☆すた」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/539089/55810907

この記事へのトラックバック一覧です: 日薬の学校薬剤師アンケートに勝手に記入してみる遊び。:

« 日薬総会議事録2012年6月「日薬のイメージキャラクター」 | トップページ | 「てんしす!2.0」、冊子通販、はじまりました。 »