« 倫理規定擬人化キャラによる、今年の10大ニュース2011 | トップページ | JPALS:稼働前の感想。未来日記。 »

『特定看護師.net』の妄想が神すぎる件。

【「特定看護師」についての情報をまとめた便利サイト】のふりをした架空情報拡散サイト『特定看護師.net』をのぞいてみると、妄想力が高めのネタ満載でしたので、とりあえず、ちょっとだけ紹介します。

  ☆

特定看護師制度の目的は何?

特定看護師制度を導入する目的にはどのような事があるのかご存知でしょうか。

わかりやすく説明をすると、特定看護師が導入されれば、医師の医療行為の負担軽減となり医師不足を解消することができるのではないかと言われています。

それ以外にも、患者・医師・看護師すべてにおいてメリットとなる部分もあり、導入する事によって医療現場の苦労や負担を減らすことができるのです。

安全に行う事ができ、安心して特定看護師に診療してもらうことができれば言う事はありません。

ですが、経験を積んでいる医師でも稀に失敗やトラブルをしてしまう時代です。ということは、ある程度経験を積んでいる者しか特定看護師になることができなくても、医師のような確率でトラブルや失敗を抑える事ができるかと言えば一概にできると答える事ができないのも事実です

目的のみを見てみれば、特定看護師は歓迎されなくてはいけないのですが、実際にはそうではありません。特定看護師ができることを懸念している医師、また看護師が多いのです。

特定看護師を導入する目的が明確になっていたとしても、実際にどこまで仕事を担ってもらうのか、またどの範囲の医療行為なら特定看護師に任せても安全なのかを良く検討していく必要があるのです。

看護師が不足している中で特定看護師を導入するということについても目的が何なのかわからない方が多いのも事実です。

多くの方に理解をしてもらうことが、今後話を進めていく中で大切になってくると言えるでしょう

(引用おわり)

  ☆

「特定看護師(仮称)の目的」という話一つ抜き出しても、間違った内容だらけです

なにしろ、解説すべき「目的」が違うのですから。

このサイトでは、導入の目的として、「医師の医療行為の負担軽減となり医師不足を解消」「医療現場の苦労や負担を減らす」という二点を挙げています。

書き方が「と言われています」などという匿名系の書き方なのですが、このサイトの書き手がそう思っているだけのことです。実際にそういった意見を言い続けている方もいることはいますけれどね。あの人とかあの人とか。でも、その意見は、すでに議論の中で何度も否定されています。「と言われている方も中にはいます(けれど、相手にされていません)」という書き方にしないことで、まるで議論の主流派の意見であるかのように印象付ける手法。騙される人、多そうです。

(一応は)議論の結果?である公式書類「認証制度の骨子案」での、「目的」が、どう書いてあるのかを読みましょう。

骨子案より引用↓

【背景及び目的
医療現場における患者の高齢化や医療の高度化・複雑化に伴い、高度かつ専門的な疾病の治療に併せて、療養生活の質を向上させるための専門的なケアを安全かつ効率的に患者に提供するために、「チーム医療」の推進が必要不可欠となっている。
「チーム医療」の推進に当たり、看護師の役割は重要であり、例えば、高い臨床実践能力を有する看護師が、患者の状態を総合的かつ継続的に把握・評価する看護師の職能を基盤として幅広い医行為(診療の補助)を含む看護業務を実施すること等が求められている。
しかし、診療の補助について、個々の医行為がその範囲に含まれるか否かが必ずしも明確でないことから、特定の医行為(以下「特定行為」という。)が診療の補助の範囲に含まれることを明確にするとともに、その実施方法を看護師の能力に応じて定めることにより、医療機関等において医療安全を十分に確保しつつ、適切かつ効率的に看護業務を展開する枠組みを構築するため、保健師助産師看護師法(昭和23年法律第203号)の改正を行うこととする。

引用おしまい。

はい、『特定看護師.net』に書いてあることが、目的の段階から間違っていることがわかりますよね。

「医師の医療行為の負担軽減」は、目的にしません。

「医師不足解消」につながることも、目的にしません。

「医療現場の苦労や負担が減る」ことも、目的にしません。

これは、そういう制度です。

「看護師という専門職の職能範囲・責任範囲をより明確化すると、チーム医療が推進するかもしれない」という話です。

「現状で看護師の大半が日常業務であると認識して行っている行為」を整理することによって、

1.看護師の任務のひとつである「診療の補助」を、医師の指示のもと、堂々と行う。

2.「診療の補助」の範囲外の行為は、医師の指示があっても、絶対に行わない。

という線引きをするのが、基本。

線引きをしたうえで、「診療の補助」にあたる堂々と行える部分の中で、「医師が直接指示をしなくても、プロトコルによって事前に医師の指示を受けた状態ならば、診療の補助をプロトコルに沿って自律的に行う権利をもつ」人を、認定しましょうかね、というのが、特定看護師(仮称)制度。プランをつくるのは、必ず、医師。その運用の仕方に「リアルタイム指示」が必要なのが普通で、「指示書に沿って自律」が可能なのが特定(仮称)。

「看護師さんの場合、分担範囲と指示内容と指示の運用法とが明確化すれば、チーム医療が進んで、【より安全で効率的な医療(目的)】が達成できるかもね」という流れです。

明確化していく流れの中で、「これは他の専門職にやってもらおう」「これは看護師がやろう」「これは医師がやらなきゃダメでしょう」という整理もしましょうね、と。チーム医療全体の中で看護師さんだけ別個でワーキンググループを作った大きな理由って、『医行為』と『診療の補助』の整理だったはずなんですけれどね。

  ☆

『特定看護師.net』からの引用文を、別の角度からみてみます。

目的を取り違えていることから生じている…だけにしては、妄想全開な主張の嵐です。

>安全に行う事ができ、安心して特定看護師に診療してもらうことができれば言う事はありません。

いえ、診療は、医師にしかできません。

どさくさにまぎれて、「診療の補助」が「診療」に置き換わっています。

更に、「言うことはありません」と明言できる理由が、全くわかりません。

>ですが、経験を積んでいる医師でも稀に失敗やトラブルをしてしまう時代です。ということは、ある程度経験を積んでいる者しか特定看護師になることができなくても、医師のような確率でトラブルや失敗を抑える事ができるかと言えば一概にできると答える事ができないのも事実です

前段の話が「特定看護師に診療してもらう」話題なので、そこから繋がっているこの部分は、「医師も『診療』で過誤があるように、特定看護師(仮称)も『診療』で過誤がありうる」という主張ですよね。

えーと…。

医師以外は診療を行いませんから、この仮定および比較自体がありえません。

「医師のような確率」以前に、0%です。診療しないのですから。

目的のみを見てみれば、特定看護師は歓迎されなくてはいけないのですが、実際にはそうではありません。特定看護師ができることを懸念している医師、また看護師が多いのです。

このサイトが主張する「目的」が間違っているのですが、間違っていることに気づいていないので「歓迎されるはずなのに、なんで歓迎されないんだろう!」と言っています。

しかも、「誰に」「歓迎されなくてはいけない」のかが、書いてないあたりが、いや~な感じ。

>特定看護師を導入する目的が明確になっていたとしても、実際にどこまで仕事を担ってもらうのか、またどの範囲の医療行為なら特定看護師に任せても安全なのかを良く検討していく必要があるのです。

「任せて」しまうわけではありません。

指示書にあたるプロトコルが先にあります。

しかも、「診療の補助」の範囲内での行為しか、行えません。

そして、「診療の補助」の範囲内の行為は、看護師であれば、医師の指示のもと、全員が行える(法的に問題がないという意味で。実際にできるかどうかの判断は医師がします)ものです。

特定看護師(仮称)しか行えない「診療の補助」は、存在できません。(名称独占ではないから。この議論の基本中の基本)

看護師が不足している中で特定看護師を導入するということについても目的が何なのかわからない方が多いのも事実です。

こう書いている当人が、「目的が何なのかわからない」方なのも事実です。

※なお、「~も事実です」という語尾は、事実ではないことを事実であるように見せかけるときや、論旨に関係が薄い事象によって論旨を補完強化しているかのように見せかけるときには有効な語尾です。

>多くの方に理解をしてもらうことが、今後話を進めていく中で大切になってくると言えるでしょう

このように主張している方の理解が間違っているという悲劇。

間違った理解を拡散していくことを「大切」と言い切られてしまうと、がっかりです。

勝手に妄想した架空情報である「目的」を、多くの人に理解してもらうことなどが、「大切になってくるとは、とても言えません」。

正しい目的を、「特定看護師.net」の管理者が理解することは、大切ですけれどね。

  ☆

今回はここまで。気が向いたら、他のページについても書きます。

目的の段階から取り違えているサイトの言うことですから、全体的に間違ったことしか書いてないのですけれど、こういうサイトの文章を読んで分かった気になってしまう読者が架空情報を拡散してしまったとすると、これ、かなり悪い影響を世間に与えているのでは?(ダメな記者やダメな学者は、こういうサイトの文章をそのまま信じて記事にするんでしょうね)

「特定看護師『転職』ナビ」なんて書いてあるので、このサイトが一般看護師と特定看護師(仮称)の違いを理解していない(あるいは、わざと誤認識させようと努力している)可能性も大。

とりあえず、「このサイト{特定看護師.net}における『特定看護師(仮称)』関連の文章は、架空の情報、フィクションです」というキャプションを入れてほしいなー、と思いましたとさ。

  ☆

注:議論の流れ次第では、このサイト「10しす」における特定看護師(仮称)関連の文章のあれこれがフィクションになる可能性があります。ご注意ください。

|

« 倫理規定擬人化キャラによる、今年の10大ニュース2011 | トップページ | JPALS:稼働前の感想。未来日記。 »

医療」カテゴリの記事

趣味」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/539089/53669178

この記事へのトラックバック一覧です: 『特定看護師.net』の妄想が神すぎる件。:

« 倫理規定擬人化キャラによる、今年の10大ニュース2011 | トップページ | JPALS:稼働前の感想。未来日記。 »