« 第15回チーム医療看護WG。「ふりだしにもどる」 | トップページ | 「修正定款案と日薬総会と都薬アワー」(オーズのタイトル風に) »

日薬代議員会議事録2011春05「いささか」

「いささか」という言葉を、日常的に使っている方に質問です。

いささか問題があるとは、どの程度問題がある状況でしょう。

すごく問題がある、深刻である、という状況ですか。

それとも、たいして問題がない、という状況なのでしょうか。

または、「私が、問題があることを指摘しているんですよ」という意思表示のためだけに用いるのでしょうか。

使用例を検索しても、こんがらがるばかりです。

  ☆

今回の質疑内容は、【保険調剤に係るポイント付与問題】。

関東ブロック、大澤代議員の質問です。

1月19日の厚労省医療課長通知に対して出された「1月21日に日薬が出した見解」では、【ポイントをつけることがそもそも不適切】だと解釈してよいか。「自粛要請」でよいか。

・・・とのこと。

山本副会長
 「医療課長通知は、一概に悪いとは言えないという表現であって、決してよいとは言っていないので、そこは誤解のないようにお願いする」

・・・あれ?

質問に答えていません。

日薬の見解を、こう解釈したけど、あっているのか」と訊いたら、

厚労省の通知は、こう解釈する」という返答。

ええ、確かに、【厚労省が、「ポイントをつけることは、良い」とは言ってない】のは、その通りです。

でもね、でもね。

エライ人から、「一概に悪いとは言えない」と表現されたときって、「対象となる行為(この場合はポイントをつけること)」を行っている側は、「それなら、少なくとも、自分は、一部の【悪い】ほうには入っていない」と考えるんじゃないかと……。

「99%の人が助からないが、1%の人は助かる」と言われたときに、自分は助かる側だと思うように。

そう推測すると、【厚労省は良いと言っている】と誤解して考える代議員さんがいても、おかしくない・・・というか、これ、ブロック代表質問ですから、質問内容についてブロック内で事前に吟味しているわけで、吟味した人たち全員が「日薬は、ポイントをつけることがそもそも不適切であると言いたいのだ。これは自粛要請である」と感じたけれど、日薬執行部に「ええ、自粛要請です」と言わせないと、地域内の不適切(仮)な行為に対して地域組織として自粛要請をする際に「日薬は、自粛しろなんて言ってないじゃん」と反論されるので、念のために、言質をとりたい…という話です。

訂正のつもりで答弁するなら、「その認識は間違っています。厚労省の表現はかくかくしかじか」と述べたうえで、「一方、日薬の見解は、こう解釈してください」といった説明にうつるとわかりやすいのですが、日薬の見解についての解釈を省略したことで、「一概に悪いとは言えない」という表現の強調が、そのまま、【日薬は、厚労省の「一概に悪いこととは言えない」という表現を是としますよ】、と言っているように、聞こえるわけで…。

大澤代議員
 「一概に悪いとは言えないと解釈する」

ほら、解釈されてしまいました。

これを聞いたら、さらに踏み込んで、【日薬も良いって言った】と認識しそうです。

各県薬が、日薬の要請を受けたかたちで、あちこちの薬局に出向いて自粛要請をしている実態と照らし合わせると、「自粛要請をしにいった薬局は、【悪い】行為をした薬局」で、「自粛要請に行かなかった薬局は、ポイントをつけていても【良い】薬局」…という解釈で、いいのでしょうか…。

  ☆

つづいて、質疑は、『会員制スーパーの中の薬局』の話題に。

こちらが、本題の「いささか」です。

大澤代議員
 「某会員制スーパーは年会費を払わないと入店できないが、処方箋を持っていると会員でなくても入れて、中の薬局で応需される。」

「保険薬局」には応需義務があります。開局していて、建物の入り口も開いている以上、処方せんを持ってきた人を建物内に入れないわけにはいきません。苦肉の策ですね。フリーアクセス。

【そのスーパーの非会員は、「薬局での売買」のみ受け付けるが、会員スペースには一切入れない】…という仕組みにすれば、会員制入場も調剤応需も問題なく両立できそうです。具体的には、スーパーの窓をドライブスルーに見立てて、薬局だけの利用者(非会員)は「入場」せずにドライブスルーで一切を済ませるとか。非会員だけが利用する保健薬局の処方せん応需専用出入り口&待合室をつくるとか。

でも、まあ、話題になっているスーパーは、ドライブスルーじゃなさそうなので、わかりやすくするために、(議事録の参照図表として)図面が欲しいところ。薬局専用入り口とか、薬局専用秘密通路とか、実は、どこかにあるかもしれませんし。

埼玉県でスーパーで会員制で薬局っていったら「コストコ」っぽいんですが、実は全然違うところかもしれません。変な風評被害につながった場合はごめんなさい。

なお、コストコさんのホームページのQ&Aには、

Q.コストコに入る時は、なぜ会員証を見せないといけないのですか?

A.会員様に年会費を頂いているため、年会費を頂いていないお客様のお買い物はお断りしています。会員証の裏には、他の人がご利用出来ないように、会員様ご本人の顔写真を印刷しています。それによって、カードを紛失されたり、盗難にあった場合にも、ご本人かどうかの確認が出来ます。(*調剤薬局をご利用の方は除く)

といったことが書いてあります。年会費は、大澤代議員によると、4200円。

Q,コストコに入る時は、調剤薬局を利用する場合、なぜ会員証を見せなくてもいいのですか?

という今考えた質問に対する答があると、この話題もサクサク終了できそうなんですが…。

あ、もうひとつ、問題がありました。

大澤代議員
「そのときに(会員外の人なのに)5%割引券をくれる。会員なら処方箋を持ってくると500円の割引券がもらえる」

ということです。

非会員の「5%割引券」。

会員の「500円割引券」。

それらの割引券の使いみちが問われるわけですね。

保険調剤の5%割引券だとすると、保険調剤ディスカウントの禁止に違反。

保険調剤の5%割引には使えないとすると、その割引券は「会員にならなければ、施設内に入場できないので、全く使えない紙切れ」か、あるいは、非会員なのに、なぜか普通の買い物ができる仕組みとなります。後者だったら、会員にとっては「不公平」。

それで、薬局で「保険調剤」を利用した会員には「500円割引券(一万円の買い物の5%割引に相当するが一万円買わなくても使えるので実質的には金券)」を渡すことで、会員に対しては「公平」だと言い張る…という流れのようですが、その500円割引券を「保険調剤」に使っていいというなら、これも保険調剤ディスカウントの禁止に違反なので、「保険調剤には使えません」という但し書きの有無が気になるところ。

こういった、自社倉庫内部のディスカウント連携を、どう考えるのか。

大澤代議員は、「ルールに抵触する」と主張しました。

ということは、「保険調剤の5%割引券」確定のようです。

議事録のやり取りだけで、ルールに抵触しているのかどうかの判断は厳しいので、別途詳しい資料が必要なんじゃないかと思いますが、とりあえず、資料はないけれど、ルールに抵触するという結論を、『関東ブロック』は出したようです。

これに対して、ノブさんは、こう返しました。

山本副会長
 「会員制の薬局があることについては既に埼玉県から情報をいただき、その実態は承知をしており当局にその事実は伝えてある。もう1点、会員制の店舗に処方箋を持っていくと、それを入場券代わりに使えるということになることについては、いささか問題があると思っており、その点については、厚生労働省を通して解釈も含めた指導方をお願いしてある。日薬としては、値引きに当たる部分については反対であるので、そうした実態については逐一報告をいただければ、厚生労働省を通じて指導するようにお願いをしてある」

『処方箋が入場券代わりになることについては、いささか問題』があると思っている。

いささか問題があると思っている。

うーん。

会場にいた代議員のみなさんは、このやりとりに、ついていってたんでしょうか。

結局…「いささか」って、なんだったんでしょうか…?(最初に戻る)

  ☆

【おまけ】

ふと思ったこと。

「処方箋を持っていくと500円の割引券がもらえる」なら、処方箋を『使わない』ことで、毎日のように500円割引券がもらえるのでは…? 処方箋の有効期限が関係ないのなら、たとえば歯医者さんから処方されたロキソニンの処方箋を使わずにとっておいて(市販のロキソニンSを使用して済ます)、毎回提示するだけで…500円…200日くらい続けたら、10万円割り引き…?」

【おまけ2】

先日の「ワールドビジネスサテライト」は、ローソンの社長さんがゲスト(特別コメンテーター)。コメントを求められて語ったら、【その意味では】という言葉が四回以上でてきて、笑い転げました。いえ、社長さんがどうこうじゃなくて、ノブさんと同じ口癖の人が【その意味では】の使用例を実演しているのが、ツボで。何が言いたいのか、全くわかりませんでした。

|

« 第15回チーム医療看護WG。「ふりだしにもどる」 | トップページ | 「修正定款案と日薬総会と都薬アワー」(オーズのタイトル風に) »

趣味」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/539089/52003521

この記事へのトラックバック一覧です: 日薬代議員会議事録2011春05「いささか」:

« 第15回チーム医療看護WG。「ふりだしにもどる」 | トップページ | 「修正定款案と日薬総会と都薬アワー」(オーズのタイトル風に) »