« 第14回高齢者医療制度改革会議議事録 | トップページ | らいふ☆いのべーしょん »

日経DI:その名はボーダーフリー

BFといったら、ビッグファイアだろう!

という脳味噌の持ち主である筆者にとっては、青森大学・城西国際大学・帝京平成大学・横浜薬科大学・北陸大学・第一薬科大学といったあたりは、バビル2世に忠誠を誓う十傑集が操る六神体だったのか~としか考えないわけですが(おい)、さっさと六神合体して宇宙を駆けろと願っても、当分はそのままで戦いそうです。僕らの核燃料:ジャイアントロボと草間大作君の運命やいかに。

  ☆

と、冒頭から何言ってるのか自分でも謎なんですが、日経DI一月号の17ページあたりの「(河合塾調べ)」の表を見てもらえば、なんとなく想像できるかと思いますが(注:できない)、そんなことより、はやく合体しないかなぁ、あの校舎。「東海3」並みの合体を期待しているんですが。え、東海3、知らないですか。ごめんなさい。

今回、記事全体が、河合塾スタンダードに(ほんの少しだけ)、毒されています。

BFBFBFBFBFBFBFBFBF。

BFの嵐。

ボーイフレンドの嵐、嵐、for どりーむ。

☆ジャニーズ☆キラリン がいっぱいいて、ウハウハなのじゃよ~♪

という話ではありません。

バリアフリーの嵐。

どこもかしこも体に優しい町だねぇ♪

という話でもありません。

ブラックフェザーの嵐。

鳥モンスターの特殊召喚で一気にたたみかけるぜ!

という話でもありません。

ゲームセンターのあらし。

エレクトリックサンダー! 炎のコマァァァァァ!

という話でもありません。

ビーファイターのお菓子。

重甲! なんてね!

BF全然関係なくなっちゃったし。

ボーダーフリー、なのだそうです。

なんのことかわかんなかったら、ウィキペディアやアンサイクロペディアあたりを参照のこと。「ボーダーフリー」ということで、「タックスフリー:免税☆」みたいに「タダで通過できる国境検問所」かと思ってましたが、勘違いだったようです。

もとは、河合塾が封印した、あれです。Fラン。たぶん「フランケン・ふらん」の略(違う)。

薬学部で、ボーダーフリー?

河合塾によるボーダーフリー大学の定義:模擬試験偏差値32.5の受験生のうち3分の2以上が合格し、かつ定員充足率が50%以下の大学。

・・・あれ? ナンバーワン薬科大学は充足率110%オーバーなんですが。

なぜにボーダーフリー扱い?

定義、違うのかな? 特別扱い?

でも河合塾の提供資料だって書いてあるし。うーむ。謎。

(ボーダーフリーっていうよりボーダーロストって感じだから、略称は「BL大学」でいいんじゃなイカ。PL学園みたいだけど)

  ☆

2006年に六年制の一年生が入学するときは、2005年の偏差値を見て、憧れの志望校を決めたんじゃないかと予想します。

偏差値がすべてではありません。が、2005年の偏差値ワースト3をみると、「35  42.5  50」という並び。下二つの薬剤師予備校入学者大量養成所(仮称)を除けば、偏差値50以上でないと、恥ずかしくて薬科大学を名乗れなかった「時代」だったわけです。

ところが、翌年、一気に様変わり。

2006年の段階で、偏差値50を下回る大学が、19校に。

ここで下回って、その後、2006年の数値以上に回復したところは、ひとつもありません。

まさに、分岐点。タクティクスオウガだったら、今こそ運命の輪の出番なのに。

2010年の段階で、偏差値51以上をキープし続けているのは、東京理科大・東邦大・北里大・慶応義塾大・東京薬科大・星薬科大・武蔵野大・明治薬科大・京都薬科大・(立命館大)・大阪薬科大・近畿大・福岡大、以上12か13校のみ。いや、東京薬科はかなり低空飛行だし駿台ベースだと偏差値49なので、正直このメンバーの中にいてごめんなさい、なんですけれど。

「ねえさん、事件です。たいへんなことがおこりました」

と、忍者マン一平が転職してホテルマン一平になったら、日記に書いちゃうところです。

  ☆

日経DIの記事では、AO入試や、一科目受験についても触れています。

AO入試」は、「大学の求める人物像」とあっているかどうかを査定する試験ですよね。

「メガネのドジっ娘で、巨乳、人妻、語尾が『で、やんす』、軍服が制服でもOKで、合言葉は『綺羅星☆』な人物を希望♪」という薬科大学があれば、そういう人物(いるのか?)にとっては居心地の良い大学になるはずで、まあ、別に、いいんじゃないかと。薬剤師としての能力とは関係ないし。

『人は見た目だ』というブレない信念のもとで薬の専門家養成教育をする大学があってもいい、と、思います。美男美女(整形含む)ばかりの薬科大学というのも、学園祭に遊びに行くぶんには楽しそうですし。「マネーの拳」的には、部門のチーフを選ぶ基準は顔だっていうことですし。

一科目受験」が良いかどうかは謎です。

どうせ一科目なら、保健体育(実技)とか接客(実技)とか、美大や体育大のような選抜を希望。ホスピタリティがあるかどうかで入学可否を決めるほうが、奴隷適性があるかどうかで入学可否を決めるよりは、ステキでしょう。比較対象がアレなのはともかくとして。超大手薬局傘下の薬科大学なんてものがあったなら、奴隷適性生徒と皇帝適性生徒を入学させて、皇帝だけに幹部教育を施したりしそうなので、伊藤カイジ君は気をつけましょう(妄想)。

実技はダメとしても、「生物または化学」程度のアバウトさでいいのなら、「国語または日本史」で受験させてもらえないでしょうかねー。

「禁忌」が読めて、「添付文書」って書けて、添付文書の朗読ができたら合格、とか。

「日本薬剤師会の歴史」を概説できたら合格、とか。

  ☆

人気の高い大学の条件は、

『大都市にある』

『ブランド(他の学部の実績)』

『総合大学か?』

という三つなのだそうです。

なるほど。

遊びに行けて、高学歴大学生が寄ってきて、合コン相手に恵まれ、授業中デートが公然と行える環境ですね。

嫁入り先を探す、あるいは婿探しという目的を果たすのなら、六年の猶予って、けっこうイイカンジ。人気なのも、頷けます。男子から見ても、そういう肉食系な気持ちでいっぱいの女子ばかりのキャンパスライフだったら、いろいろ期待値が高まって、入りたくなりますよね。男子部とか女子部とかがあるような東京なのに辺境で世紀末な雰囲気の大学の人気がアレな原因の一つは、それですよ、たぶん。

みんなオサレな都会に出たい。南へと向かう列車に乗って、ダサイ恋人を置いて出て、手切れ金的に木綿のハンカチーフを贈りたい。ふるさとになんか戻りたくない。ふるさと実習? なにそれ。おいしいの? アタシは都会で自由気ままに生きるでやんす。

・・・ってなノリが、多いのかなー。

  ☆

子供の視線が、遊びと恋愛と友情と努力と勝利方面に向いているかと思えば、親の視線は、『薬学部にだけは進学しないでおくれ』なのだそうです。

特に、薬学部を出た親が。

日経DI調査によるところの「大学進学を控えた子供がいるという設定なら、子供を六年制の薬科大学に進学させたいかどうか」という質問に対しては、647人中の18.2%が「進学させたくない」、39.4%が「どちらかというと進学させたくない」という意見だったそうです。

進学させたくない「本当の」理由は、『学費が高いから』だとみています。本当のところは、「高校卒業したらすぐ働け。家を出ろ」と言いたいのをぐっとこらえて、世間体もあるし、『医学部に行かせたい』『給料低いから』『社会的ステータス低いし』『卒業に時間かかるじゃん』といった、「うちの子は優秀なんだからorうちの子の婚期を逃しちゃ可哀想だから」的な話と、すり替え。

「設定」だし、「うちの子」が優秀じゃない場合を想定しろとも言ってないので、どんな子供を想定しようが自由なのですが、なんだか、妄想暴走中?

医大に行けるほどの学力があるのかとか、医大に通わせるほどの資金があるのかとか、薬剤師の社会的ステータスがそんなに高いと思ってないならなんで自分たちの手で子供たちのための道を開拓していこうとか子供たちと一緒に開拓しようとか考えないのかとか、卒業まで六年ポッキリで済むと思っているのかとか、あれこれ疑問は湧きますが、そのあたりは「無視」ですよね、たぶん。ええ、『心に棚を作れ』と伊吹三郎が言ってたし。そういうスタンスでいきまっしょい。

BF大学の話からつながっている以上、このアンケートの追加資料として、親の出身大学別の表が欲しくなりますよね。出身大学によって「進学させたい率」が変化するのかどうかっていう、おそらくは変化しないだろうと考えたいネタなんですが、集計してみたら「あれれ?」という結果になるかもしれませんし。

あと、ついでに、「回答している親の勤めている会社別」とかも。なんか「やりがいが無い」って言ってる方たちが、それなりの数、いらっしゃるようなので。

『自分がやりがいが無いから、子供もやりがいが無いに違いない』と考えちゃってるんでしょうねー。薬剤師といっても、様々な仕事があるし、自分で仕事を開拓する人もいるのに、自分の息子や娘では、自分と同じ「やりがいのない仕事」しかできないと(設定だけど)決めつたくなるネガティブ環境って、どんなブラック企業にお勤めなのかと、気になりますよね?(ならないですか?)

  ☆

【おまけ】

18ページ、「関東地方のある6年制薬学部の教員の憤り」。

『なかには新人いじめを指導と勘違いして「実習先で怖い目に遭った」と言ってきた学生もいた。入社後の新人研修ならまだしも、こちらが実習費を払っているのに、そんな経験は学生にさせたくない』

・・・と、憤り?

「こちらが実習費を払っているのに」って、何でしょう?

「入社後の新人研修ならまだしも」って、何でしょう?

大学が実習費を払っているって感覚?

入社後に、給料をもらっているなら、新人研修でボコボコにされてもよいって感じ?

入社後に、給料をもらっているなら、どんな経験も耐えて見せるって感じ?

本当に『こちらが実習費を払っているのに』と言ったのならば、「ある6年制薬学部の教員」さんは、何か根本的なところを見失っているような気がします。

学生の親から、「こちらが学費を払っているのに、うちの子に、そんな経験(厳しい指導etcで怖い目に遭う経験)をさせたくない」と詰め寄られたとき、この方は、どう返答するのでしょうか。その場一時を逃れるために、将来「うちの子」が社会の隅々に与える悪影響の芽を、育ててしまうのでしょうか。

実務実習を受け入れる側の覚悟。『将来、自分がよぼよぼになったとき、この子が自分や家族の薬を扱うかもしれない。そのとき、自分は納得できるのか?』という不安を、『この子にだったら安心して任せられる』という希望に変えるくらいの困難を想定しているわけで。実習を楽しくやれれば素敵ですが、想定した状況を目指すとき、厳しくしかできない指導者だっているわけで。指導方法に文句があるのなら、指導者育成の現場(ワークショップの御歴々と日本薬剤師研修センター)に対して、何年も前から強い文句をつけるくらい、しているんでしょうね>その教員さん。

ろくに調べもせずに入ったラーメン屋で、「こちらがカネ払ってるんだから、まずいラーメン食べるような経験はしたくない」とか、予約せずに入った超人気の割烹料理屋で、「こちらがカネ払っているんだから、二時間も待つなんて経験はしたくない」とかって、・・・よほど花畑アタマでなければ言えないことですが・・・・言えるんでしょう、この方は。ある意味スゴイ?

てゆーか、こんなこと本気で言うよーな教員、本当に実在するんですかね? 日経DIのつくった架空の人物であることを祈ります。

|

« 第14回高齢者医療制度改革会議議事録 | トップページ | らいふ☆いのべーしょん »

趣味」カテゴリの記事

コメント

生涯年収と大学6ヵ年の学費が釣り合わない・・・って薬学受入してる管薬言ってた。
薬剤師ボコボコ誕生したら田舎でも給料下がってくるよな・・・。

もとゆきさんの縁の下も懐体力なくなるよ。

投稿: 8196 | 2011年2月 7日 (月) 16:14

よくお金の話をしているくせに、「釣り合うかどうか」を真面目に考えたことが無かったです<筆者。管薬さん鋭いですね。

薬剤師がボコボコ誕生しますが、チーム医療議論の行方や経営者継承問題の行方によっては、お給料条件の良いところに、うまくハマるかもしれませんよ。
人気がある大学の条件をみていると、人数が増えても結局「給料」ではなく「利便性」のいいところに偏在していきそうな予感…(←あてにならない)。

投稿: おばか柊 | 2011年2月 7日 (月) 17:58

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/539089/50612636

この記事へのトラックバック一覧です: 日経DI:その名はボーダーフリー:

» 『娯楽』はどこに向かうのでしょうか(´鐔ウ懦愁`) [お仕事GOGO!!のブログ]
藤丸です。またまた人気韓国ユニットが分裂しました。絶大な人気を誇っていた東方神起に続いて、今度はKARA。そもそも原因は何なのか。契約解除を通告した法律事務所の代理人は、(1)地位を悪用した不要な芸能活動を強要し人格を冒とくした(2)説明なしに不正契 約を...... [続きを読む]

受信: 2011年1月21日 (金) 20:14

« 第14回高齢者医療制度改革会議議事録 | トップページ | らいふ☆いのべーしょん »