« 薬剤師認定制度認証機構:本当に公益なのかが試されてます。 | トップページ | 政策コンテストの結果だって。 »

日薬連盟:政治資金収支報告書を斜め読みする遊び。

ようやく、平成21年度分の政治資金収支報告書が公表されました。(昨年より二月遅れ)

政治団体といえば、日本薬剤師連盟ですね。

報告書が60枚もあるのですが、つまみ食い的に、収支について、おおざっぱに見てみます。

おおざっぱなので、一円単位の計算はしません。

まずは、全体金額から。

  ☆

【収入】
 繰越金 12億1153万円
 年間収入 5億2161万円
  (うち会費収入5億1364万円。
   会費納入者数10万69人)
 寄附 なし。

【支出】
 7億6883万円

【翌年繰越】
 9億6428万円

  ☆

会員一人あたり、年間5000円ちょっと。ちょっとした同窓会の年会費といったところですね。

ウィキペディアの日薬会員数が97000人くらいということなので、日薬連盟のほうが日薬より3000人ほど会員数は多いようです。

寄附はゼロ。会費収入と年間収入の差分797万円が、気になりますよね。

なんと、今回の日薬連盟には、『事業収入』があるのですよ~。

  ☆

『オリジナルキャラクターぬいぐるみ販売』 4337000円。

  ☆

オリジナルキャラクターっていましたか?という疑問がわくかもしれませんが、

ほら、あれですよ。

○ァーマくん。

ファ○マくん。

ファー○くん。

胸にFって書いてあるのに、Pharma。

前掛けに「金」って書いてあるのに「善太郎」みたいな、あれ。

その、ぬいぐるみ「販売」で、433万円の売り上げ、とのこと。

通販とか、してましたっけ、あれ。

なんか、「もらった」っていう人が多かったよーな気がするんですが…。

ちなみに、筆者のとこにはありません。

ぬいぐるみで比較すると、チョコボールのキョロちゃん(懸賞品)のヤフオク価格が2000円ほど、来年発売予定らしいニュースウォッチ9の春ちゃんが3990円なので、仮に3000円程度としてもですね、

433万円を売り上げるためには、半年間(平成21年7月~12月)で1444個ものフ○ーマくんをお買い上げしてもらわなければなりません。

…1444個って、ビミョーな数字ですけどね。

残りの340万円は預金の利息、それ以外の細かいのをまとめると23万円だそうで。

  ☆

で、政治資金の使いみちといえば、飲食会場費とタクシー代。

ごっそりあります。

それから、パーティー券という名のアレや、寄付金。

どのあたりのパーティーに参加しているかという傾向から、薬剤師はどんな政治家と仲良しなのかがうかがえて微笑ましいのですが、まあ、それはスルーして。

選挙関係費、という項目もあります。

ユッキーのところに、総額1億2500万円。(「中央後援会」「薬剤師後援会」「健康新世紀会」)

会費収入の20%は、ユッキーのものです。

(ちなみに日薬連盟の人件費は約1億円)

  ☆

また、ちょっと変わった支払い先としては、『東京ベイコートクラブ』なんてものがありまして。

http://baycourtclub.jp/facilities/room/royal.html

一般庶民には関わりのないところですが…。

超高級リゾートホテルへの年間支出、1432500円。

ゲスト一泊27000円、サービス料10%をつけて29700円からなので、48回ほど、日薬連盟の支払いで宿泊した方がいるということでしょうか?

「※ゲストとは、メンバー様が利用を承諾する方となります」と書いてあるので、800万円オーバーの会員権を持っている方に承諾してもらったんですね、たぶん。(「資産」の項目に「会員権」がないので)

場所は、国際展示場駅の近く。ビッグサイトの反対側。コミケ前日に開放したら、けっこう集客がありそうなんですが、国会議事堂や繁華街からの距離を考えると、ものすごく不便なところです。デートコースのラストを飾るくらいしか使いみちがないような。いや、妻子ある政治家とデートしてお台場の景色を見ながら同じ部屋に泊るとかだったら、政治活動資金として出してこれるはずもありませんが。

不便ということは、ここまでの移動は、タクシーorハイヤー。

わざわざ「グリーンキャブ」を使っているので、おそらくハイヤー(料金不明)ですね。ハイヤーは3時間27000円といった時間貸し金額設定と考えて、一回に2~3台ずつ借りていれば、55000~97000円といった支払い金額になるわけです。

日薬連盟のある新宿四谷からお台場までの深夜タクシー料金は、タクシーサイトによると¥4,720 ~ ¥5,030 (約30分)ですが・・・豪華な場所に行くときは、豪華な気分で黒塗りのハイヤー?

一回2~3台で、1台に3人くらい? 4~9人ずつ、年間7回輸送して、48人分?

あと、クレディセゾン(カード会社)への支払いになっているタクシー代とグリーンキャブへの直接払いになっている項目とがあるんですが、その差はなにかあるのかなぁ、と、ちょっぴり気になりました。カードを使うと、1000円ごとに永久不滅ポイントがたまるようですから、年間222ポイント(200ポイントで「ブタのおとしぶた」などと交換できます)貯めたようですが…。

まあ、実際のところは、わかりませんが。児玉会長が大阪に帰るために使ったのかもしれませんし。なんとなく、高級ホテルとハイヤーはセットかなぁ、と思っただけで。

  ☆

さて、お次は、「各県薬剤師連盟への活動助成金」。

県によって、だいぶ差があるんですよね、これ。

会員数の差?

とりあえず、平成21年9月30日分の一部を、ざっと転載。

北海道 240万円。
栃木県 135万円。
神奈川県 277万円。
東京都 323万円。
愛知県 226万円。
大阪府 349万円。
兵庫県 306万円。
福井県 115万円。
福岡県 231万円。

その土地に議員さんがいるかどうか、選挙の有無などは、別建ての模様。

  ☆

広報関係では、あいかわらず(株)ドーモさんに月々52500円税込のホームページ管理料を支払っていた模様(ホームページを更新できる人材を育てればいいのに…)。

で、今頃気づいたのですが、日本薬剤師会あてに毎月「広告掲載料」として6万円を支払っているようです。

これは、なんでしょうか? 日薬雑誌上で「広告」って、ファーマくんの名称募集時くらいだったと思うのですが。

まさかとは思いますが、「薬連ハイライト」って、「広告」扱いなんですか?!

日薬雑誌側が取材&原稿を依頼しているものだと思っていましたが…

それは・・・ありなんですかね? おかしいです。

まず「意見広告」とか「広告記事」のような注意書きがありません。

「目次」には、雑誌記事のひとつとして、普通に載っています。

奥付付近にある『広告掲載協賛会社一覧』には、載っていません。

むむむ?

仮に「企業じゃないから掲載していないだけ」ということでしたら、それはそれで、たとえば、『個人や小さな団体が、六万円払えば、日薬雑誌の1ページを『まるで記事の一部であるかのように』使う権利が得られる』という裏ルールがあることになります。

論文ではありませんから、論文規定にもひっかかりませんよね。

筆者が「一年で100万円貯めるテクニック」とかを読んで72万円ほど貯めたとして、一年間、1ページのへたっぴマンガを掲載し続けちゃってもいいってことなんでしょうか。なんかワクワクしてきました。

  ☆

最後に、再び、「オリジナルキャラクターぬいぐるみ」の話。

売り上げは433万円、ということまではOKですか?

忘れていましたが、これ、「制作費」がかかりますよね。

日薬連盟は、「光る選挙用ポスター」でおなじみ(株)イツキプリントさんに発注したようです。ホームページには「ぬいぐるみ制作承ります」とは書いてないので、ちょっと意外(外注の予感)。

総制作費、551万2500円。発送料、20万円。

この企画、100万円ほど、赤字です。

さすがは日薬連盟。筆者が持ち出しで同人誌つくるのとは、赤字の規模が二桁違いますね。

|

« 薬剤師認定制度認証機構:本当に公益なのかが試されてます。 | トップページ | 政策コンテストの結果だって。 »

ぷろ☆すた」カテゴリの記事

もとゆき」カテゴリの記事

医療」カテゴリの記事

第三条」カテゴリの記事

第十条」カテゴリの記事

趣味」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/539089/50181013

この記事へのトラックバック一覧です: 日薬連盟:政治資金収支報告書を斜め読みする遊び。:

« 薬剤師認定制度認証機構:本当に公益なのかが試されてます。 | トップページ | 政策コンテストの結果だって。 »