« 第五回チーム医療のためのナースWG議事録ミニ感想。 | トップページ | 第5回薬害を学び再発を防止するための教育に関する検討会 »

ベンテさんの話。

行ってきました、慶応大学薬学部、ベンテ・プロキュウアさんの講演会~。

誰? って言われそうですが、デンマークの薬剤師さんです。

キュートなおばちゃまです。

会場のスーツの壮年男性たちの目をくぎ付けにする、あいた胸元に、知性のメガネ。

背筋ぴーん。

慶応大学薬学部へ行くのは久々。何回か行きましたが、毎回校内で迷う迷う。(探検してるからです)

講演は、英語。通訳してくれた先生に「事前に打ち合わせたことよりいっぱいいろいろヒートアップして話してたので、(良い意味で)大変でした」的な感想を言わせるくらいの、熱弁。最後の締めでは、机をドンと叩くパフォーマンスつきです。ギレン・ザビの演説だったら、「ジーク・ジオン!」と連呼してたところです。

講演後にネット検索しても「特別講演を開催した」しか書いてないので、あれこれ追加してみます。

  ☆

講演内容をおおざっぱにまとめると、

1.デンマークの薬剤師は約560人(国家人口550万人くらい)

2.国家管理によって、完全に管理されている。

3.薬局オーナーになるのも、国家が書類選考。

4.薬の価格も国家が二週間ごとに決定。

5.カウンセリング評価を薬剤師会が行うこともある

6.覆面調査をする場合は、調査後にフィードバックを行う。

7.ITASという喘息疾患吸入補助事業を行った

8.介護施設に介入して、スタッフの能力を向上させた。

…といったあたり。

まとめとして、「薬局の中でも外でもガンバレ」というお話。

  ☆

「戦略的」な調査や事業を行って、それを国家に認めさせて、報酬を獲得する…という流れを、薬剤師会ではなく、薬局シンクタンク的な機関であるファルマコンが行っているのが、デンマークの特徴。

戦略的。なにか言われる前にヤル。先を見てヤル。

会場には偉い人がたくさんいました。上から数えて何番目かくらいの人たちがそろっていましたので、ベンテさんの魂の叫びを胸に、(当日は懇親会で、なんか酔っ払ってたから)翌日から頑張ってほしいなぁ…。

  ☆

講演後の質疑は時間ぎりぎりまで続くものに。

主催の上田薬剤師会でも二日後に講演するとのこと。「上田は、もっとエグイ質問がバンバン飛ぶよ(にやり)」という声も聞いたような記憶があるので、質疑の様子は、そちらの参加者さんに譲ります。(あんまり覚えて無いともいう)

上田はすごいなー…。

  ☆

【おまけ】

ちゃっかり質問したのはいいけれど、早い英語が聞きとれないので、答の内容がいまいちわからなかったのは、秘密だ☆ 今は反省している。

和訳したら、

「やぁ、みんな、電話ありがとう。今日はみんなに悲しいお知らせがあるんだ。実は、コンボイ司令官が戦いで亡くなってしまったんだ。だけど、コンボイ司令官は死に際に謎の言葉を残したんだ。その言葉とは『ロディマス』!みんなもこの言葉の意味を考えてくれ。あ、それから、電話する時は番号に気をつけてくれよな。デストロンに盗聴されるといけないからな。それじゃ。」

・・・みたいな回答だったかもしれないので、ドキドキしていますよ。

|

« 第五回チーム医療のためのナースWG議事録ミニ感想。 | トップページ | 第5回薬害を学び再発を防止するための教育に関する検討会 »

趣味」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/539089/50228022

この記事へのトラックバック一覧です: ベンテさんの話。:

« 第五回チーム医療のためのナースWG議事録ミニ感想。 | トップページ | 第5回薬害を学び再発を防止するための教育に関する検討会 »