« 日薬連盟:政治資金収支報告書を斜め読みする遊び。 | トップページ | 第五回チーム医療のためのナースWG議事録ミニ感想。 »

政策コンテストの結果だって。

政策コンテストの結果が出ましたよー。(時期を逸した気もしますが)

分析はあちこちでやっているようですから、そちらをどうぞー。

http://seisakucontest.kantei.go.jp/article/wp-content/uploads/2010/12/101201_3rd_hyokakaigi.pdf

厚労省分。数字は「百万円単位」。

2001 新卒者就職実現プロジェクト
     7,260  A(補正措置済)

2002 地域医療確保推進事業
     6,179 C

2003 障害者の地域移行・地域生活支援のための緊急体制整備事業
     12,563 B

2004 24時間地域巡回型訪問サービス・家族介護者支援(レスパイトケア)等推進事業
     12,800 C

2005 認知症高齢者グループホーム等防災補強等支援事業
     8,000 A(補正措置済)

2006 徘徊・見守りSOSネットワーク構築事業
     985 A(補正措置済)

2007 最低賃金引上げに向けた中小企業への支援事業
     6,212 B

2008 貧困・困窮者の「絆」再生事業
     7,600 A(補正措置済)

2009 生活・居住セーフティネット支援事業
     6,000 A(補正措置済)

2010 子宮頸がん予防対策強化事業
     14,960 A(補正措置済)

2011 働く世代への大腸がん検診推進事業
     5,505 B

2012 国民の安心を守る肝炎対策強化推進事業
     3,853 B

2013 不妊に悩む方への特定治療支援事業
     11,943 B

2014 健康長寿社会実現のためのライフ・イノベーションプロジェクト
     23,263 C

2015 平和を祈念するための硫黄島特別対策事業
     1,559 A(補正措置を含む)

  ☆

A判定は、補正措置済のものばかり。

「『政策コンテストの趣旨にあうような』本当にものすごく必要なもの」は無かったのだということを証明しそう・・・。やっぱり、大半、いらなそう。

A判定は、昨年の事業の引き継ぎか、ばらまき政策。選挙対策っぽいです。

ばらまき批判の民主党が、ばらまき放題です。

「既卒者採用拡大奨励金」で100万円、「新卒者育成支援奨励金」で対象者1人につき月額10万円、有期雇用終了後に正規雇用して対象者1人につき50万円ですから、「超ブラック会社を設立して、三年目新卒ひとり(100万円)と、大量の未内定者(ひとり80万円)を採用して、超安月給でこきつかった挙句に、七か月目に辞めさせる」という悪いビジネスモデルを想像してしまいます。

では、それ以外のものを見てみると、

  ☆

2002 地域医療確保推進事業
     6,179 C

2003 障害者の地域移行・地域生活支援のための緊急体制整備事業
     12,563 B

2004 24時間地域巡回型訪問サービス・家族介護者支援(レスパイトケア)等推進事業
     12,800 C

2007 最低賃金引上げに向けた中小企業への支援事業
     6,212 B

2011 働く世代への大腸がん検診推進事業
     5,505 B

2012 国民の安心を守る肝炎対策強化推進事業
     3,853 B

2013 不妊に悩む方への特定治療支援事業
     11,943 B

2014 健康長寿社会実現のためのライフ・イノベーションプロジェクト
     23,263 C


  ☆

項目内容がタイトルからでも推測できるものがBで、それ以外がC。

でもねー、これ、B判定のゾーンが広すぎ

Bの中でも「そんなにいらないんじゃない?」というものをC判定に置き換えて、現在のC判定をD判定に格下げすると、ちょうどいいんじゃないかと思います。他の省庁のD判定(内容が具体的)よりも下の判定を出したくなるような厚労省C判定(なにやりたいのかわからない)もありますから~。

  ☆

とりあえずの注目は、ここ。

2002 地域医療確保推進事業
     6,179 C

これは、

 A.地域医療支援センター

 B.臨床研修指導医確保

 C.チーム医療実証事業

という三本柱でできているって話は、以前したとおり。

請求額は61億7900万円。

Cの事業に15億円かかるといってましたが、C判定ですし、実質、つぶれたとみていいのでしょうか? だとすると、「チーム医療推進会議」も、多少は冷静さを取り戻して議論できるようになるかもしれません。

  ☆

コンテストと言うだけあって、パブコメの「どうしてそう思うのか」といった核心部分は、基本的に無視。それでも、投票結果だけではありえない判定も多く、コンテストに徹しなかったぶんだけ、夢心地政策が排除されたのかも?

なんとなーく、流れとして、B判定の「肝炎対策強化」あたりを「政治判断で入れました」とかいいながら滑り込ませるんだろーなー、と予想しておきます。(←高確率で外れ)

|

« 日薬連盟:政治資金収支報告書を斜め読みする遊び。 | トップページ | 第五回チーム医療のためのナースWG議事録ミニ感想。 »

医療」カテゴリの記事

趣味」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/539089/50191735

この記事へのトラックバック一覧です: 政策コンテストの結果だって。:

« 日薬連盟:政治資金収支報告書を斜め読みする遊び。 | トップページ | 第五回チーム医療のためのナースWG議事録ミニ感想。 »