« 第4回薬害を学び再発を防止するための教育に関する検討会議事録 | トップページ | チーム医療推進のための看護業務検討ワーキンググループ第4回議事録 »

もとゆき:「全藤会にゅーすPOP」をつくってみる遊び

藤井もとゆきメールマガジンである全藤会ニュース

  ☆

11月16日、衆議院本会議で、平成22年度補正予算案が可決された。この後、参議院に移るが、自民党、公明党などの野党は補正予算案に反対しており、参議院では否決される可能性が大きい。補正予算案そのものは、参議院で否決されても衆議院の優越のルールで成立する。しかし、衆議院では昨日、仙谷官房長、馬渕国交大臣の問責決議案が提出され、否決されたものの、参議院では可決される可能性が高く、波乱が予想される。
 そんな中、この日、参議院では定例の厚生労働委員会が開かれ、厚生労働行政に関する一般質疑が行われた。藤井議員は、野党筆頭理事として出席した。
 同委員会の午前中の質疑で、日本看護協会が擁立した高階恵美子参議意議員が質問に立ち、政府の規制制度分科会が審議を続けている医療、介護等に関する制度改革を取り上げた。規制制度分科会の検討項目として選定するかどうかの論点の一つとして取り上げられている「医療従事者の独立開業」があるが、同議員は厚労省に対し、医療法等関連法の改正を含む制度改革を行うつもりはあるか、と質した。厚労省は分科会で審議中との回答に留めている。

  ☆

これだけ。

これをもとに、「全藤会ニュースPOP」を勝手に作ってみます。

  ☆

【☆全藤会にゅーすPOP☆】

11月16日の衆議院本会議で平成22年度補正予算案が可決されました。

この後、参議院に移ります。自民党、公明党などの野党は補正予算案に反対です。

参議院では否決される見込み。

当然、藤井基之は、「補正予算案に反対票を投じます」。

補正予算案そのものは、参議院で否決されても衆議院の優越のルールで成立します。

衆議院では昨日、仙谷官房長、馬渕国交大臣の問責決議案が提出され、否決されました。

藤井基之と仲良しで、問責決議案に賛成したのは、○○さんと○○さんです。

藤井基之は、参議院にまわった問責決議案に、賛成します。

  ♪

 この日、参議院では定例の厚生労働委員会が開かれました。

 厚生労働行政に関する一般質疑が行われましたが、藤井基之は、野党筆頭理事として出席しただけで、特に質問はしませんでした。

 同委員会の午前中の質疑で、日本看護協会が擁立した高階恵美子参議意議員が質問に立ち、政府の「規制制度分科会(どこ?)」が審議を続けている医療、介護等に関する制度改革を取り上げました。

 規制制度分科会の検討項目として選定するかどうかの論点の一つとして取り上げられている「医療従事者の独立開業」があります(どこに?)。

 高階議員は、厚労省に対し、「医療法等関連法の改正を含む制度改革を行うつもりはあるか」、と質しました。(→解説が必要じゃないの?)

 厚労省は、分科会で審議中と回答しました。

 藤井基之は、この件に関して「○○○」とコメントしています。

関連
http://www.cao.go.jp/sasshin/kisei-seido/meeting/2010/subcommittee/1021/item10_04_08.pdf

http://www.cao.go.jp/sasshin/kisei-seido/meeting/2010/subcommittee/1021/item10_04_12.pdf

内閣府審議会一覧
http://www.cao.go.jp/council.html

  ☆

以上。(内容はフィクションです)

元のメルマガが、藤井もとゆき応援者限定メールマガジンなのに、藤井基之の活動について報告せず、しかも藤井もとゆき本人のコメントが全くないという仕様だったので、ちょっぴり変更。ついでに、キーワード解説と関連リンクもつけてみました。

主人公の活躍を描かないニュースを送ってくるなんて、日薬連、やる気あるんですかね?

『イチローの活躍を知りたいファン向けのメルマガを受け取ったら、マイケル・ソーンダースの話題が満載だった』というオチは、ちょっと、勘弁してください…。

|

« 第4回薬害を学び再発を防止するための教育に関する検討会議事録 | トップページ | チーム医療推進のための看護業務検討ワーキンググループ第4回議事録 »

もとゆき」カテゴリの記事

趣味」カテゴリの記事

コメント

「全藤会ニュース」、私もこれはひどいと思いました。ほんとにこの人仕事してんの?と思ってしまいます。実際は、いろいろと動いてくれているんでしょうが、もう少し何をやっているのか伝えて欲しいですね。国会の状況報告なら、普通のニュースや業界ニュースでわかりますもんね。

投稿: ママカリの酢漬け | 2010年11月26日 (金) 16:03

「藤井もとゆきは6年間国会で何をしたのか?」という本を出すくらいですから、ユッキー本人も周囲も、裏事情の暴露には抵抗がないはずなんですけれど…。

本日は神奈川で若手薬剤師の会に参加予定、というメルマガが来ました。また若手薬剤師に逆ギレするかもと、心配中。

投稿: おばか柊 | 2010年11月27日 (土) 10:06

藤井基之のメールニュースじゃなくて、後援会のメールニュースですからねー
この意味が分かりますか?

投稿: 匿名 | 2011年7月14日 (木) 15:33

ごめんなさい、意味を理解できたか自信が無いです。

「藤井基之のメールニュース」は、本人あるいは代理の方が書くもの。

「藤井基之の後援会のメールニュース」は、『藤井基之の熱烈なファン代表である』後援会の方が書くもの。

という違いがまずあって、

本人が書く内容は、いつもの日記(本人のホームページ)でわかるとおり、タンパクで、政局話とスポーツの話が大半。新聞記事を切り抜いてきたような内容。

後援会は、『もっともっと藤井基之の政策や考え方や交友関係を知ってもらい、言葉を伝え、ファンの輪を広げ、応援してもらおう!』という心意気の持ち主が集まっているのだから、ファンが喜ぶような記事を提供したい!と考えた内容をつくれるはず。

ゆえに、「もっと頑張れ後援会! 心躍る記事を期待してるぜ!」という結論になる…ということでしょうか。

投稿: おばか柊 | 2011年7月15日 (金) 11:56

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/539089/50055495

この記事へのトラックバック一覧です: もとゆき:「全藤会にゅーすPOP」をつくってみる遊び:

» 介護福祉施設・介護医療・介護資格の情報サイト [介護福祉施設・介護医療・介護資格の情報サイト]
介護福祉施設、介護医療などについて [続きを読む]

受信: 2010年11月17日 (水) 16:30

« 第4回薬害を学び再発を防止するための教育に関する検討会議事録 | トップページ | チーム医療推進のための看護業務検討ワーキンググループ第4回議事録 »