« 第三回チーム医療看護WG資料。 | トップページ | 政策コンテスト☆ 厚労省のは、大半、いらないかも。 »

日薬:スポーツファーマシストの「推進委員」研修だそうで。

定例記者会見。

  ☆

1.公認スポーツファーマシスト認定制度に係る特別講習会の件

 石井専務理事より、標記認定制度については本会も積極的に協力しており、本年4月には約800名の第一期生が誕生したところである。同制度では、地域における情報伝達の核となる「公認スポーツファーマシスト推進委員」を設けて円滑な運営を図ることとしているが、今般、同委員を対象とした特別講習会が11月26日に開催されることとなったことから、候補者の派遣方につき各都道府県薬剤師会宛に要請したことが報告された。
 また、同講習会は、①今年度初めて推進委員になる者を対象とした特別基礎講習会と、②全員を対象とした特別実務講習会から成ること等が補足説明された。

  ☆

スポーツファーマシストの方たちは、当然ご存じのこととは思いますが、

「公認スポーツファーマシスト推進委員」

が、できますよ♪、と。

彼ら彼女らは、地域(都道府県)のスポーツファーマシストにアドバイスできるような能力があるかどうかは別として、とりあえず、いつでも連絡相談できる体制にある人ですよ、と。

で、その人選は、都道府県薬剤師会が行いますよ、と。

そのうえで、推進委員のための特別な講習会を開きますよ、と。

都道府県薬剤師会から推薦された人たち(三名様まで)のうち、一名様だけ、日薬から、旅費がでますよ、と。

なるほど。

これは、相当高度な、シニアスポーツファーマシストと言えるような能力知識を身につけることができる講習会なのではないかと、期待してしまいますよね(嘘)。

  ☆

今回の講習で、「推進委員」は、どんな特別なことを学ぶかというと、

 『2011年禁止表 国際基準変更点』

 『TUEに関する国際基準変更点』

 『実務講習会開催方法』

 『千葉県薬が、国体で何をしたか』

という内容・・・らしいのですが・・・。

国際基準変更点って、年末には、国際基準表がJADAのホームページに載るわけで、それをチェックすればいいんですよね・・・てゆーか、そんなの、基礎の基礎じゃん。

実務講習会といっても、「あとで、みんなに、国際基準変更点を講義する」という内容なら、資格者が個々にチェックしていれば、地域講習会自体が不要ですし・・・。

千葉県薬の雄姿を知っていても、「推進委員」の仕事とは、あんまり関係ないし・・・。

えーと・・・

この講習、必要なんですか?

伝達されないと禁止表の変更点すらわからないような「スポーツファーマシスト」って、正しいんですか?

スポーツファーマシスト(薬剤師)が自律していれば、この情報、中間に上意下達講習会を二つもはさむ必要がないわけで。(自律:薬剤師倫理規定第二条)

公認スポーツファーマシスト認定委員会」の仕事ってゆーか、利権ってゆーか、そういうものにしか見えないのは、まあ、筆者がゲーム脳だからなんでしょうけれど。

こういう『基礎の基礎の基礎』みたいなことを講習会で学びましょうと言われると、資格の価値が、がくーんと下がるよーな気がします。

ながーい歴史がある資格(ほら、薬剤師とか)なら、老若男女ジェネレーションギャップに通信障害等ありますから、まあ、仕方がないかなー、と考えもしますが、

スポーツファーマシストって、まだ一期生しかでていなくて、しかも、インターネット上で最終テスト(知識到達度確認試験)が開催される資格なんですよね。

全員がネット環境を持っているという前提があるのですから、全員にpdfファイルの資料を添付して送るだけでも、問題ないはずなんですけれどねー。

「資料内容を読んでも分からなかった、でも自分で調べるのは嫌だ」というウルトラレアな方のために、相談役っぽく、「推進委員」が存在するのかもしれません。

とはいえ、そんなウルトラレアな方がスポーツファーマシストでござると名乗っていていいのだろうかという素朴な疑問が浮かぶと、別に無理に底上げしなくてもいいわけですし、資格を取ったはいいけれど全然勉強しませんという人をどーにかするための研修会の講師であることを期待されている「推進委員」の存在理由は、ほとんど無くなるわけですが・・・

『研修会の講師として、推進委員が必要』なのは、更新用の研修会がこれから増えていくにあたって、各地方に【謝礼を払えば済む「人手」】が欲しいからなんでしょうけれど・・・

なんだか、うまく認定委員会(勧進元)に言いくるめられて、地域のためにと講習の下請けをやって、儲けの大半は認定委員会にピンハネされる・・・という構図ができそうなんですが、どうなることやら。

推進委員に選ばれた。名誉あることだ」なんて勘違いしている方がいたら、誰か、それは違うんじゃないの、と言ってあげてくださいませ。たぶん逆ギレされますけど。

2010/9/29 ちょっこし訂正

|

« 第三回チーム医療看護WG資料。 | トップページ | 政策コンテスト☆ 厚労省のは、大半、いらないかも。 »

趣味」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/539089/49577830

この記事へのトラックバック一覧です: 日薬:スポーツファーマシストの「推進委員」研修だそうで。:

« 第三回チーム医療看護WG資料。 | トップページ | 政策コンテスト☆ 厚労省のは、大半、いらないかも。 »