« 高齢者医療。議論会。 | トップページ | 高齢者医療。公聴会議事要旨公表。 »

日薬雑誌9月号まとめ・・・られず。

日薬雑誌の9月号。

巻頭のコラム「視点」は、日本医師会の原中会長。

えーと、「原中節」とでも言えばいいんでしょうか。

薬剤師会雑誌で、だいたい、こんなこと(太字部分)を述べています。

  ☆

「これからの日本」

a.30年前のニューヨークは昼間の交通機関で強盗に遭う話をよく耳にする街だった。(体験したことはない

b.30年前の東京は、夜中に地下鉄に女性が一人で乗っても安全だった。(と、ニューヨークのがんセンターの研究室のメンバーは誰かから聞いた

c.30年前のアメリカ人のうちのひとりは、「夜中に地下鉄に女性が一人で乗っても安全な東京」が不思議だと言った。(これは個人の感想です

d.現在の日本の状況に、どうして、いつから変わってしまったのだろう。(それをこれから述べるようにみえますが、とりあえず、原中会長の考える「現在の日本の、30年前とは違う状況」について挙げるようです。なお、「夜中の地下鉄に女性が一人で乗る危険性」が物凄く上昇して30年前のニューヨーク並みになったかのように思わせる構成ですが、現実の夜中の地下鉄に女性が一人で乗っている姿を知っている方たちなら、原中会長の認識が変だとわかるはず

e.日中でも殺人事件が起きるようになってしまった。(原中会長は、昭和50年代までに日中に起こった殺人事件がほとんどないという認識の持ち主らしい

f.平成10年から毎年3万人の自殺者がでるようになった。(山一証券などの大型金融の破綻の影響であるという説はスルー

g.『自民党・小泉政権が悪い』と原中会長は考えている。(小泉内閣は平成13年から平成18年

h.小泉政権は雇用法を拡大した。

i.雇用法が拡大されると、労働者の多くが非正規職員にされた。(政府や会社によって、正社員が非正規社員に「させられた」、という認識?

j.「低賃金のために精神的にも経済的にも不安定な立場となり、結婚もできない社会生活を送るようになってしまった」(「結婚もできない」という表現から推測すると、原中会長の中では、「結婚は労働者の最低水準身分保障」的な認識?

k.国民が働いて「受けるべき」報酬が、労働分配率である。(労働分配率って、たとえば「経済活動によって生み出された富が、家計サイド(労働者)にどれだけ配分されているかを表す指標」のようなものですよね。「労働分配率が決まっていて、それは働いたら必ず保障されているものである」と言っているのはオカシクない?

l.自民党によって、労働分配率が二割減らされた。(「二割減った」という現象と、「二割減らされた」という妄想が混在してる?

m.自民党によって、労働分配率の減額分と同額程度の金銭が、株式配当として海外の投資家にわたるように仕組まれた。(陰謀論?

n.原中会長は、「介護施設で一生懸命に働いている若い人たちが、当直をしても年収の低さで結婚できないでいる姿」を、いつ見たのか知らないけれど、見た。(若い医師たちも、「当直をしても年収の低さで結婚できないでいる」のでしょうか? 若い薬剤師たちは?

o.正当な報酬を得られるようにすることは、「本人のため」でもあり、「国の未来のため」でもある。(ここまでの主張からすると、「正当な報酬」とは「結婚できる報酬」なのかも?

p.サブプライムローン問題は、「このような時期」に起こった。(このあとのq.r.s.は、どうやら、サブプライムローン問題のせいだと言いたいようです

q.日本の若い労働者は、簡単に失業者となる。

r.日本の若い労働者は、健康保険をもたない。

s.日本の若い労働者は、年金の掛け金を払わない。(以上、まるで「若い労働者が、そのような選択を自らの責任において行った」かのような話です。つまり、自分のわがままで失職し、払えるのに健康保険も年金も払わない、という認識。仕事を辞める事情を「わがまま」ととらえ、払ったら生活ができないから今は払えないという状況の存在を許さない・・・、という話のようです

t.数十年後の日本では、年金すら受け取れない国家になるかと心配だ。(国民年金基金連合会役員名簿(平成22年8月)によると、原中会長は国民年金基金連合会の非常勤理事です

u.現在。「65歳以上のお年寄り」ひとりを、「現役労働者」2.8人で「扶養」している。(現役労働者:全年齢で、働いている人たちのこと

v.2055年。人口は四千万人減少し、「65歳以上のお年寄り」ひとりを、「現役世代」1.2人で「お世話」しているだろう。(現役世代:65歳以下。働いているかどうかは無関係?

w.『家庭を守り、子供の教育をして、800兆円の国の借金を返しながら、ご老人のお世話ができるのでしょうか』(ここまで「お金がないから結婚できない」という話をさんざんしてきて、「家庭を守り」「子供の教育をして」って、一体どういう展開なのでしょうか

x.2055年のご老人の多くは「生活保護」を受けることになるかもしれない。(前段の「年金がもらえない説」を受けての「生活保護」説。財源は?

y.『小泉・竹中時代が構築した市場原理主義と一日も早く離別』しないと、安心できる日本の社会は取り戻せない。(・・・あのー、ここまでの話のどこから、その結論に? ってゆーか、「いつとくらべて」安心できる日本の社会? 文脈から考えると「30年前」? 30年前の日本って、今よりも安心できる社会でしたか?

z.「国内外に存在感のない政府」は国民を不幸にする。(そういえば、小泉内閣は、国内外に存在感がありましたけど、原中会長に言わせると諸悪の根源、国民を不幸にした政府なんですよね。なんだか変。国内外に存在感のない政府って、たとえば、誰の政府のことを言っているんでしょうか?

α.『赤ちゃんの生める社会』『女性が働ける社会』『安心と安全が保障される国民生活』を、(原中会長が、)民主党政府に強く訴えなければならない時だ。(「赤ちゃんを育てられる社会」「女性が復職できる社会」じゃないのかなぁ・・・急に女性側視点に偏ったわけですが、「結婚できない」若者の存在は、どこへ?

  ☆

すごいですねー、原中節。

宇宙人の言葉みたいです。

「日本医師会の会長さん」なんですけれどね。

民主党薔薇色宇宙観に、どっぷりとつかっていることだけは、よくわかりました。

でも、これ、日本薬剤師会雑誌の巻頭に載せる原稿として、「あり」なんですか?

こういう原稿がでてきたときに、誰も査読しないんですか?

読者は、働いている女性が大半を占める「薬剤師」。

なのに、「女性が働ける社会を!」と叫ばれても、どうリアクションすればいいのか、対応に困るわけで…。

「原稿を依頼するときは、テーマを明確にして、編集意図をちゃんと伝える」のが、基本なんですが、日薬雑誌って、そのへんがイマイチなんですよね・・・。

  ☆

「日薬情報」No.218

「一般用医薬品販売制度定着状況の調査結果」の解説らしきもの。

えーと、ですねー。

「経緯まで書かないと会員には全くわからんだろう」とばかりに、経緯が1.5ページ。

「主なもの」しか書いていない調査結果が1.5ページ。

「今後の薬剤師会の対応」が、0.3ページ。「おわりに」が、0.2ページ。

残りは空白。

だめ・・・・・・・・・

総括として・・・・・・

全然だめ・・・・・・・・・

17ページで、中西理事が

『担当役員ども、てめえら全員、厚労省のこわっぱ役人に首根っこ掴まれてるようなふぬけた顔ばっかりだぜ! 販売制度定着状況調査に関してだって、どんな教育を受けた調査員が調査しているのか確認すらしねえアホっぷり、調査結果が出てから自主点検だあ? ふざけんな。厚労省側の結果が出る前にこっちから仕掛けねえで、戦争ができると本気で思ってんのか? 撃たれるまで待って、撃たれてから弾を込めるたあ、素人以下、防衛の基本の基本すらわかってねぇガキどもだ! 腹筋一万回、終わったら便所掃除百回だ!』

といったニュアンスだと筆者が勝手に思い込んでいる質問をしたのですから、

ちゃんと調べてから、ちゃんと検証してくださいませ・・・。

  ☆

セミナーはインフルエンザの話ばかり。

これで今月からインフルエンザが流行ったとしたら、なにかの陰謀説を支持しちゃうかも。

  ☆

学術大会の発表関連は、以前やったので・・・パス。

あとは、公務員俸給表でも眺めて、お楽しみください。

|

« 高齢者医療。議論会。 | トップページ | 高齢者医療。公聴会議事要旨公表。 »

趣味」カテゴリの記事

コメント

原中さんの【視点】
あまりの支離滅裂さに、飲んでるお茶噴いちゃいました。
最近の日薬雑誌では久々のヒット。小泉憎さ等が思いっ切り表現されていて、鳥肌が立ちました(笑)。

楽しく拝見させて頂きました。ありがとうございました。

投稿: りゅう | 2010年9月 3日 (金) 10:07

こんな愉快な原中さんと党首選中に会談して、「…業界団体との関係の強化にも抜かりはない…」といった報道をされてしまうイチロウさん。
原中さんの指摘する平成10年あたり、小渕内閣との連立政権において、イチロウさんは、一年ちょっと与党だったわけですが、そのあたりの記憶を飛ばして薬剤師にあれこれ語るのも、たぶん原中ストロングスタイル。

投稿: おばか柊 | 2010年9月 4日 (土) 08:56

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/539089/49324242

この記事へのトラックバック一覧です: 日薬雑誌9月号まとめ・・・られず。:

« 高齢者医療。議論会。 | トップページ | 高齢者医療。公聴会議事要旨公表。 »