« 薬害。「中学生用の教材」案を、勝手に作ってみる遊び。 | トップページ | 日薬。実務実習。アンケート内容公表ですよ。 »

『新たな高齢者医療制度に係る意識調査<5月>結果』

厚生労働省が「重要情報」として掲載した資料のお話。

新たな高齢者医療制度に係る意識調査<5月実施分>の結果(概要)。

・・・という、高齢者医療制度改革会議の資料?が、公開されました。

データ自体は厚生労働省のホームページでみてもらうとして、その【回答結果】欄が、わかりやすい気がするので、ちょっとみてみます。

※なお、全体的に、厚労省がわざわざ「重要情報」とするほどに、厚労省の意向に沿った方向の結果が出ているようにみえますが、設問や選択肢によるいつもの回答誘導の結果かもしれませんので、あまり真に受けないほうがいいかもしれません。

  ☆

<質問>「後期高齢者」という名称について、どのように感じられますか。

【回答結果】
「適切でない」、「あまり適切でない」と回答した割合は、一般が5割強、有識者が5割弱。これを一般の年齢層別でみると、65~74歳では7割弱であり、75歳以上では4割弱

  ☆

全体で見れば「まあ、どっちでもいいんじゃない?」という雰囲気のようです。

対象者である75歳以上の方よりも、これから対象になる予定の65~74歳の方のほうが、名前に対してこだわりがありそう。

75歳以上の方の「適切である」という回答は32.9%で、65~74歳の方の「適切である」という回答の15.6%の倍。

これだけみれば、名称に対する強い反対意見って、当事者以外から発せられているようですね。

名前の良しあしのアンケートって、まあ、こんな結果になりがちですよね。

ためしに、日本薬剤師連盟あたりで、

<質問>「ファーマくん」という名称について、どのように感じられますか。

って訊いてみたら、どうですかね。

  ☆

<質問>一定年齢以上の高齢者だけを一つの医療制度に区分することについて、どのように感じられますか。

【回答結果】
「適切でない」、「あまり適切でない」と回答した割合は、一般が4割強、有識者が5割強。これを一般の年齢層別でみると、
65~74歳では6割強であり、75歳以上では3割強。

  ☆

ここでも、「名称」と同じ反応。

積極的な反対意見は65~74歳に集中しているようにみえます。

<質問>「働いている人だけを一つの医療制度に区分することについて、どのように感じられますか」

って訊いたら、どうなるんでしょうね。

  ☆

<質問>「後期高齢者医療制度」での保険料のお支払いは、年金からの天引きが原則ですが、金融機関などへのお支払いも選択できるようにしています。保険料のお支払い方法について、どのようにお考えですか。

【回答結果】
「現在と同様の支払い方法がよい」と回答した割合は、一般では6割強、有識者では7割弱。

  ☆

支払いについては、「年金から天引きなんてとんでもない」とかいう意見が多い…というのは幻想で、選択式なら今のままでいいじゃん、というノリのようにみえます。

まあ、定期的に入ってくる収入源から差し引くというのは、合理的ですから、それでいいと・・・印象付けたいんでしょうね、厚労省的には。

<質問>サラリーマンの保険料のお支払いも、給料からの天引き制が原則ですが、金融機関などへのお支払い制も選択できるようにしてみようかと思いますが、どのようにお考えですか?

・・・なんて話だったら、どんな回答になることやら。

  ☆

<質問>現在の「後期高齢者医療制度」では、高齢者の方々に、かかった医療費の一部を医療機関の窓口で負担していただき、それ以外の費用については、①税金による負担が約5割、②現役世代の保険料による負担が約4割、③高齢者の保険料による負担が約1割という割合で負担していますが、このような費用負担の仕組みであったことについて、ご存じでしたか。

【回答結果】
一般では、高齢になるほど認知度が高い。
有識者では、8割強が「知っていた」と回答。

  ☆

有識者の8割強。

「知っていた」は82%。

18%の方が仕組みを知らなかった(設問内容レベルの話なら基礎中の基礎ですから、「少し知っていた」など、知っていたうちに入らないと思います)という「有識者」って、人選ミスなんじゃないかと思いますが…。まあ、そんなものかも。

一般の75歳以上の方の認知率は43.6%。これが最大です。

制度の基礎の基礎について、二人に一人が「何も知らない」と言っている状態で、「制度について、どう思いますか?」と訊いて回っているのが、このアンケートです。お役人さんからは、「アンケートをとるまで、知らないとは思わなかったんだもん」と言い返されそうですが。

<質問>現在の大相撲は、相手の足の裏以外を土俵の土に触れさせた場合や相手を土俵の外に出した場合には勝ちが確定しますが、このような仕組みであったことについて、ご存知でしたか。

…という質問に、「知らなかった」と答えたりする筆者みたいなのに対して、『大相撲のマスコットキャラの「ハッキヨイ!せきトリくん」の名称をどう感じるか』とか、『理事の給与が月額1448000円なのをどう感じるか』とか、そんなこと訊かれても困っちゃいますし、それらに無理矢理回答したものが集計されて出てきても、もっと困るだけです。アメリカと戦争したことを知らない人たちが集まっちゃった集会で、太平洋戦争時の兵站や戦術についての意識調査をしてるよーな印象。

  ☆

<質問>70歳以上の方々の医療機関の窓口でのご負担は、かかった医療費の1割となっています。ただし、一定以上の所得がある方は、現役世代と同様に、かかった医療費の3割のご負担となっています。こうした高齢者の窓口負担について、どのようにお考えですか。

【回答結果】
「現在の窓口負担と同じぐらいでよい」と回答した割合は、一般では6割、有識者では約6.5割。
一般で「高齢者の窓口負担を増やした方がよい」と回答した割合は、高齢になるほど低い。

  ☆

「今より増やされちゃたまらない」という話。窓口負担が増えない=保険料率アップですから、まわりまわって負担が増える可能性は、常にありますが…。

この設問、選択肢がひどくて、

『現在の窓口負担と同じぐらいでよい』
『税金や現役世代の保険料による負担を増やして、高齢者の窓口負担を減らしたほうがよい』
『高齢者の窓口負担を増やして、税金や現役世代の保険料による負担を減らしたほうがよい』

という三つなんですよね。

「高齢者の窓口負担」についての考えを訊いているのですから、

『現在と同じでいい』
『全員無料が良い』
『収入に関係なく一割が良い』
『収入に関係なく三割が良い』
『一定以上の収入がある方は三割以上でも良い』

といった選択肢になるのかと思ったんですが、どうも違った模様。

さらに

「高齢者の保険料を上げる」という選択肢は存在しませんし、

「税金」とか「現役世代の保険料」が、急にからんでくるし。

中学生レベルの一次関数だと思っていたら、大学院的な超難問だったという・・・

普通に考えたら「わからない」としか答えようがなさそうです。

  ☆

<質問>今後、高齢化の進行により、高齢者の医療費は増加することが見込まれますが、高齢者の医療費を、どのようにして支えるべきだと思いますか。

【回答結果】
一般、有識者ともに、「税金による負担の割合を増やしていく」と回答した割合が最も高いが、一般の75歳以上では、「現在の仕組みと同じぐらいの負担の割合で、それぞれの負担額を増やしていく」と回答した割合が最も高い。
また、一般で「高齢者の保険料による負担割合を増やしていく」と回答した割合は、高齢になるほど低い。

  ☆

税金(公費)の割合を増やせ」か「それぞれの負担額(みんな。とにかくみんな。『自分たちだけ』負担するのは嫌)を増やせ」の大合唱です。

「支える」のが前提のようですから、高齢者自身による維持は、はなから選択肢の外。「現役世代の負担だけ増やせ」とぶっちゃけたことを言えば反感を植え付けることくらいは誰でもわかる話です。それなら、回答する側は、「税金を増やすか全体負担を増やす」としか言えません。悪者になりたくないもん。こういう質問を作って選択肢に工夫を凝らすのって、お代官様から「おぬしもワルよのぅ」と褒められる系のしごと?

当事者である75歳以上の方の、「わからない」23.2%という回答が、実は最も素直な意見だと思います。

  ☆

<質問>新たな高齢者医療制度のあり方について、重要と思うことは何ですか。

【回答結果】
一般、有識者ともに、「同じ所得であれば、同じ保険料にするなど、公平な仕組みになっていること」と回答した割合が最も高いが、一般では、高齢になるほど、その割合は低い。このほか一般では、
・「高齢者であっても、サラリーマンとその扶養家族は、被用者保険に加入できるようになっていること」と回答した割合は、74歳まででは4割強であり、75歳以上では2割弱。
・「一定の年齢以上で区分されるようなものにはしないこと」と回答した割合は、
65~74歳で5割強であり、75歳以上では約3.5割。
・「高齢者の保険料の伸びが、
現役世代の伸びより上回らないこと」と回答した割合は、高齢になるほど高い。

  ☆

同じ所得であれば、同じ保険料にするなど、公平な仕組みになっていること

というのですが、保険料は上限額が決まっているので、ハトヤマさんほどの所得がなくても同じ保険料になることはあります。「同じ所得であれば同じ保険料」ですが、「同じ保険料であれば同じ所得」ではありません。これは公平なのかどうかという話って、そういえば、聞かないですねー。

|

« 薬害。「中学生用の教材」案を、勝手に作ってみる遊び。 | トップページ | 日薬。実務実習。アンケート内容公表ですよ。 »

趣味」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/539089/49004623

この記事へのトラックバック一覧です: 『新たな高齢者医療制度に係る意識調査<5月>結果』:

« 薬害。「中学生用の教材」案を、勝手に作ってみる遊び。 | トップページ | 日薬。実務実習。アンケート内容公表ですよ。 »