« もとゆき。この「決意」は自滅の始まりなんじゃ・・・? | トップページ | 薬剤師連盟。薬剤師連盟も事業仕分けしたら? »

実務実習。児玉さんがそれ言っちゃうの?

実務実習一期目がはじまったからか、日薬の児玉会長がなにか言ってます。

  ☆

6年制実務実習の開始にあたって

本17日から6年制の実務実習がスタートしました。長期の実務実習を経験した薬剤師を社会に送り出すための第一歩を踏み出したという点で、歴史的な日となりました。

平成16年に学校教育法等薬剤師養成教育6年制関連2法案が成立して以来、本会では6年制実務実習の受入体制整備を最重要課題と位置付け、関係省庁、薬科大学・薬学部、薬学教育関係団体等多くの関係者とも連携し、そのための準備を進めてまいりました。実務実習のための施設を持たない薬学部は、外部の施設を中心に、薬局・病院実習を行うことになるため、1万2,000人を超える学生の円滑な受入に関して危惧する声も聞かれましたが、都道府県薬剤師会並びに会員の皆様はもとより、関係各位の多大なるご尽力とご協力のお蔭をもって、無事この日を迎えられたことに対し、心より感謝申し上げます。

新たにスタートした実務実習は、更なる医療の質の向上に貢献できる薬剤師を養成するという観点から、医療関係者のみならず広く社会からも注目されており、十分な成果を上げなくてはならないと考えております。

指導薬剤師の皆様は、「将来のために」という強い情熱を持ち、2日間にわたるワークショップと5つの講習を受講して指導薬剤師となられました。また、11週間の実習スケジュールの作成、支部での受入体制の整備をはじめ、十分な準備をされてきたことと思います。今こそ、いかんなくその成果を発揮する時であり、自信を持って、学生の指導にあたっていただきたいと思います。

本実務実習は、受入薬局における薬剤師のみならず、全ての薬剤師の理解と協力無くしては為し得ません。将来を担う薬剤師のために、皆様の引き続きのご理解とご協力をよろしくお願いします。

平成22年5月17日
社団法人 日本薬剤師会
会長 児玉 孝

  ☆

受け入れ予定の12000人のうちのかなりの人数(6500人分。実際の受け入れは3995人を予定)は、関東地区の関係者が頑張ったから、どうにかなったわけで。

児玉会長の言う通りなら12000人が実習に行くようです。

私立大学の2007年の六年制入学者総数が11371人(一括入試を含むため一部四年制)だったので、本当に12000人だとしたら、さすが大学、送りだす学生に責任を持たないことにかけては天下一品!ということになりますが、『児玉会長の言う数字は信用してはならない』という法則に、そろそろみなさん気づいているかと・・・。

薬事日報によると、

日本薬学会第130年会のシンポジウム「薬学教育新制度‐共用試験、第三者評価、薬剤師国家試験」で、薬学教育6年制課程における初めての薬学共用試験(CBT、OSCE)の実施結果が発表された。昨年12月から始まった本試験、追試験、再試験を約9400人が受験し、CBT、OSCEともに99%以上の学生が合格基準に到達した。大きなトラブルの発生はなく、無事に本番を終えることができたと報告された。

 CBTの本試験は9398人が受験し、9209人(97・99%)が基準に到達。基準に達しなかった学生の再試験や、インフルエンザ罹患などによる追試験は合計191人が受験、130人が基準に到達した。これらの結果、本試験、追再試験の受験者9402人のうち基準到達者は9339人(99・33%)となった。

 OSCEの本試験は9402人が受験し、9085人(96・63%)が基準に到達した。追試験と再試験は合計327人が受験し、326人が基準に到達した。これらの結果、本試験、追再試験の受験者9412人のうち基準到達者は9411人(99・99%)となった。

 CBTは、約9000題に及ぶプール問題の中からコンピュータ上に、各学生ごとに異なった問題がランダムに合計310題出題される。正答率が60%以上で基準に到達したとみなされる。

・・・ということなので、実際に実習を行うのは、9300人くらい。

児玉会長が現時点で12000人っていう数字を出すのは、「以前そう言われていたときに頑張ったよね」という回顧なんでしょうか。

たしかに、昔、各地の担当者は頑張ったんですが、その頑張りをことごとく踏みにじってモチベーションを下げるようなことをさんざんやってきた日薬執行部の担当者本人(=児玉会長)に「心より感謝します」てなことを言われるとは思いませんでした。

第96回通常代議員会で

『実習費の統一化については、小委員会で検討している。要素としては指導する薬剤師の人件費、消耗品費、資料費等々を積算し、ほぼ大体2週間で3万円、それから1週間ごとに1万円、4週間だと5万円と、このような金額を大体はじいている』

とか

「心情論としては私も実習を断りたいくらいの気持ちであるが」

とか、話していた方ですよ、児玉さんは。

翌年の第98回通常代議員会では、要約すると、

Q『指導薬剤師のレベルはどのくらいなのか。大学教員並みのものが必要だという項目があった気がするが』

児玉『専任教員は教授扱いだ(注:そんなこと誰も訊いてない)。指導薬剤師は協議中。客員教授をめざす』

Q『指導薬剤師と受け入れ薬局は必ずしもリンクしないが? 状況で受け入れられない、開設者がNOなど…』

児玉『施設については支部へ行って説得してお願いする』

西野『実習にかかる経費の算出が10年まえの基準で、時代に合っていない』

日薬『1時間1500円。確かに少ない。今は2週間目以降は1日1時間だけつきあう計算である。』

Q『受け入れ施設証明書はきたが、日薬認定の指導薬剤師認定書がこないのだが』

児玉『我々は1つの認定証で(受け入れ施設証明書と指導薬剤師認定書の)両方を兼ねていると認識している』

Q『指導薬剤師が異動したらどうするのだ』

児玉『県をこえたらダメだ。施設と指導薬剤師は連動しているのだ。これから議論する』

・・・というやりとりをしてましたよね、児玉さんは。

  ☆

それにしても・・・CBTとOSCEで選抜したわりに、合格率99%以上という状態なのが、とても気になります。

CBT、OSCEの受験者数の時点で、入学者数から1500人ほど減っているのは、よくある留年なのでしょうけれど・・・。

学科留年しなかった人員のほぼ全てがCBTもOSCEも通過するという事態は、『八割正答できる試験』の『六割以上正答で合格』だとしても、今年の五年生、優秀すぎでは

こんな優秀な学生さんたちに、『初日から計数調剤ばかりやらせて、遅いからと怒る』ような指導薬剤師が教える場合もあるかと思うと、申し訳ないですね・・・。

(薬剤師倫理規定関連については、このブログの関連項目も参考にして、指導薬剤師さんと充実した討論をしてみてくださいねー)

|

« もとゆき。この「決意」は自滅の始まりなんじゃ・・・? | トップページ | 薬剤師連盟。薬剤師連盟も事業仕分けしたら? »

趣味」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/539089/48390627

この記事へのトラックバック一覧です: 実務実習。児玉さんがそれ言っちゃうの?:

« もとゆき。この「決意」は自滅の始まりなんじゃ・・・? | トップページ | 薬剤師連盟。薬剤師連盟も事業仕分けしたら? »