« 薬剤師連盟。薬剤師連盟も事業仕分けしたら? | トップページ | ようこそー。 »

日薬。マニフェスト。IT化するなら職員は田舎へ行こう

5月26日、日薬借金記念日が近づいてきました。

日薬がマニフェストだと言っている書類を読むついでに感想を書くコーナー、つづきです。

  ☆

日薬のマニフェスト

1.薬剤師の将来像策定とそのロードマップの提示

2.医薬分業の完成

3.生涯教育制度の確立と学会の設立

  (研修センターとの連携強化、日本薬学会等との連携強化)

4.薬剤師組織の充実強化と会員増強及び人材育成

  (公益法人化。会員を2万人増やす)

5.医薬品業界全体の戦略における薬局及び薬剤師の役割の明確化

6.IT戦略への対応

  (医薬品情報の収集分析提供を目的とするもの)

7.広報活動の強化

8.仮称「日薬会館」建設(追加)

  (「公益目的事業を遂行する場所」「研修の場」の確保が目的)

9.日本薬剤師連盟との連携強化

  (ユッキーの「大成」。若手政治家志望者の長期的「育成」支援)

  ☆

「4.会員増強」については以前、ツッコミをいれました。

人材育成を本気でする気なら、日薬理事の大半が再任~☆なんていう話には、なってないでしょ。「幹部の育成はしないのに、構成員の育成は行う。それが人材育成」って、どこのブラック企業文化ですか。

  ☆

「8.日薬会館」についても、現在の方針での建設には反対ですよって、筆者は書き続けていますから省略。他のエントリも読んでみてください。

薬剤師会は自前の建物を持っていない。だから、薬剤師会館を建てよう】という論理は、おかしい論理ですからね。

【→こう言われても全くわからないという日薬代議員は、「13歳からの論理ノート」でも読んで勉強してください】

自前の建物がなくても「公益目的事業を遂行する場所」も「研修の場所」も確保できています(これまで確保できていなかったというなら、公益目的事業を継続して行ってきたという「実績」の否定になります)。

  ☆

「7.広報活動の強化」っていうと・・・、日薬は広告代理店経由で無駄金をつかうことしか思いつかないという謎の病気にかかりやすいので、心配です。

過去には、たった一回の新聞広告で一億円を使ってましたしね。

「知らない人に丸投げ」して「騙される」のが得意なのかなー?

  ☆

「6.IT戦略」にしても、日薬はネットでアンケートを取ったことすらないわけで・・・なにか勘違いしてるかんじ。「医薬品情報の収集・分析・提供」というのなら、ファビピラビル(T-705)をはじめとした発売するかどうか不明な新薬の開発状況についてガッチリ把握して、MRさんが来る前から十分な「分析」をして、メーカーに「よくある質問」をぶつけ、返答を会員に公開する・・・くらいの仕事をするんですかね。

会議資料と議事録を会員が専用ページで読めるようにしておくだけでも、だいぶ違うんですが。特に議事録。どの役員・委員がどんなことを言ったのかとか、決議が多数決になった場合にどの役員・委員が賛成してどの役員が反対したのかとか、委員会があげた提言がどのように速攻否決されたのかとか、そういう経緯を残すことで、会員は過去を参照しつつ成長できるんじゃないかと。薬剤師倫理規定第四条的に、そのへん、大事でしょ。

過去の代議員会議事録が、日薬雑誌のバックナンバー(絶版)をそろえなければ読めないという時点で、IT化を真剣に考えていないんだと思います。

ちなみに、保険薬局は、オンライン保険請求が義務化されているため、ほぼ全て、ネット環境が整っています。重要事項の決定時にネット投票できる環境下では、会員の意見を聞いたふりをするタイプの代議員の存在意義が問われ・・・るのかなぁ・・・

そうそう、IT化を推進するなら、わざわざ地価の高い都心に事務所はいらないわけです。

事務所機能は田舎にもっていって、会合の大半はネット会議で済ませてしまうという手があります。

IT化を推進する人たちがネット会議に参加できない(から、反対する)くらいITに疎いというのでは、IT化推進なんてするはずがありません。

  ☆

「9.日本薬剤師連盟との連携強化」って、その団体の幹部は、ほぼ全員、日薬の幹部でしょ。同じ人たちがやってるのに、連携強化って? 意味わかんない。

  ☆

「2.医薬分業の完成」と「5.医薬品業界全体の戦略における薬局及び薬剤師の役割の明確化」は、意味不明。なにいってるのやら。

山本信夫副会長が看護師による処方権特例を黙認してても平気な執行部が「医薬分業の完成」なんて言えるとは驚き。

シンクタンクを作れと代議員から言われても無視し続けてきて、今もシンクタンクをつくろうとしない執行部が、『戦略』なんて言えるとは不思議。

  ☆

なんとか、進んでいそうなのは、「1」「3」くらい?(担当委員会のおかげ☆)

とはいえ、「1」は、いつになったら「策定&提示」されるのか、まったくわかりません。似たようなことを、十年前もやってましたからねー。

「3」にしても、「生涯教育制度」は進んでいますが、「学会の設立」のほうは、進んでいそうもありません。「日本薬学会等と連携して・・・」と言いだす始末。自前の学会じゃなかったのかと・・・。

関係学会の発表内容全文を日薬会員向けに公表してくれるだけで、とても助かるのですけれどねー。(誰も取材に行かないんですよ、日薬誌の方々って)

  ☆

そんなこんなで、予想達成率は・・・

日薬のマニフェスト

1.薬剤師の将来像策定とそのロードマップの提示 80%

2.医薬分業の完成 0%

3.生涯教育制度の確立と学会の設立 80%

4.薬剤師組織の充実強化と会員増強及び人材育成 20%

5.医薬品業界全体の戦略における薬局及び薬剤師の役割の明確化 5%

6.IT戦略への対応 30%

7.広報活動の強化 40%

8.仮称「日薬会館」建設(追加) 100%

9.日本薬剤師連盟との連携強化 100%

といったところでしょうか。

「1」は、内容がどんなものであっても、策定して提示すれば済むので、さぼらなければ100%いけるでしょう。「3」は生涯学習制度が100%で、学会が0%。「4」は組織の充実のみで他は0%。「6」は一部部署のみ。「7」は強化したつもりになる程度。「8」は予算を組んだらもう止められないでしょ。てゆーか代議員さんたち止めてください。

|

« 薬剤師連盟。薬剤師連盟も事業仕分けしたら? | トップページ | ようこそー。 »

趣味」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/539089/48303411

この記事へのトラックバック一覧です: 日薬。マニフェスト。IT化するなら職員は田舎へ行こう:

« 薬剤師連盟。薬剤師連盟も事業仕分けしたら? | トップページ | ようこそー。 »