« ファーマシューティカル・ケアってなんだろー? | トップページ | 明細書の発行義務について。 »

「薬師」算ってなんだろー。

薬剤師なら「薬師算」を知っていますよね?

・・・なんてことを小学生に尋ねられたら、

「ごめんなさい、浅学のため知りません」

となること必至なので、今日は薬師算のお勉強です。

  ☆

『薬師算』とは

→碁石を使った遊び。

準備するもの

 囲碁で使う碁石(か、何か似たようなもの)

実践例

 【やつね】さんと、【ひとみ】さんが、なにやら遊んでいます。

やつね 「見ないで碁石の数をあてられたら、うちの勝ちな。ほな、碁石を渡すから。碁石を並べて、好きな大きさの正方形を作っとき」

ひとみ 「うん。じゃーねー、三つずつ並べて、碁石は九つ・・・」

やつね 「正方形の四辺だけ並べるんやで。内側に並べたらあかん。辺に三つずつなら碁石は八つ。うちは後ろ向いとるから、ちゃっちゃと並べー。なるべくたくさん並べたほうが、難しくなってええやろなー」

ひとみ 「いっぱい並べたよ~」

やつね 「そしたら、正方形の一辺だけを端まで残して、それ以外の碁石はいったん抜いておき」

ひとみ 「抜いたよ~」

やつね 「残ってる一辺を横に並べてみい。もともと横ならそのままでOKや」

  例: ●●●●●●●●●●●●●●●●

ひとみ 「並べたよ~」

やつね 「そこに沿って、抜いた三辺の碁石を並べてみい。端まで届いたら、次の列をつくる。あまりの碁石がなくなるまで置いたら終了」

   ●●●●●●●●●●●●●●●●
   ●●●●●●●●●●●●●●●●
   ●●●●●●●●●●●●●●●●
   ●●●●●●●●●●●●

ひとみ 「できたよ~」

やつね 「一番下の列の、碁石の数は、いくつになった?」

ひとみ 「えーと・・・・・・・・・、じゅうに?」

やつね 「ほな、碁石の数は全部で60個やな」

ひとみ 「え、そうなのー? うーんと・・・いち、にい、さん・・・」

やつね 「おまえ、掛け算とか苦手やろ・・・。まあ、うちの勝ちっちゅーことで」

むつき 「やつねさん、その勝負、無効です」

やつね 「ゴーグル副会長かいなー。いらんやつがきよった」

むつき 「今の話を解説します」

 ひとみさんが答えた「一番下の列の碁石の数」 X は、

 碁石の総数 Z に対して

 Zが4、8、12でない場合、

 Z = 4X + 12

 になります。

 このときの「+12」が、薬師如来の数である12なので、

 『薬師算』と呼びます。

むつき 「四辺の角の一個ずつが、ふたつの辺の構成要素なので、やつねさんが指示したとおりに並べると、四列目が四つ足りない状態になります。ですから、普通に計算すると、Z=4(X+4)-4=4X+12、ということなのですね」

ひとみ 「? ? ?」

むつき 「では、やつねさんに問題。私が正二十二角形で同じことをした場合、一番下の列の数が33なら、碁石全体はいくつですか?」

やつね 「知るかーっ!」

  ☆

薬師如来

 12の大誓願を立てて仏様になった。

 12日が縁日。

 12神将が信者を守護する。(参照:黄門じごく変)

ということです。正方形に関しては、まあ、12です。

薬師算には、変形バージョンが無数に存在します。

正三角形でもできますし、正五角形でもOK。

12と関係ありませんが、それでも薬師算と呼びます。

例:正二十二角形で端数が33個なら、全体は1188個。

やつね 「碁石、ふつう、そんなに数ないやろ」

|

« ファーマシューティカル・ケアってなんだろー? | トップページ | 明細書の発行義務について。 »

趣味」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/539089/47896412

この記事へのトラックバック一覧です: 「薬師」算ってなんだろー。:

« ファーマシューティカル・ケアってなんだろー? | トップページ | 明細書の発行義務について。 »