« 中医協。議事録追加。三浦委員大活躍。 | トップページ | 内服薬処方せん検討会の「検討」を眺める遊び。 »

薬剤師倫理規定って英語でこう書くんだ~

『薬剤師倫理規定』日薬版の英語表記。

日薬の資料から転載。

英語表記がカッコよかったので転載しました。

各条文の翻訳としてあっているかどうかはよくわかりません。

2. A pharmacist shall always remain autonomous and free from influence and carry out all professional duties with a sense of conscience and compassion.

とか、やほー!で翻訳すると以下のように。

薬剤師は、A pharmacist shall 常に自主的で影響がないままで、always remain autonomous and free from influence 良心と同情の感覚で、with a sense of conscience and compassion.すべての職業上の任務を遂行します。and carry out all professional duties

compassion 同情。共に苦しみ悲しみを共有する。

(良心と自律)
第2 条 薬剤師は、常に自らを律し、良心と愛情をもって職能の発揮に努める。

・・・ですから、うまいこと訳してあるなぁ、と感心しました。

少なくとも、ここでの「愛情」=「人類愛」ではないことだけは、これではっきりしたかと。

  ☆

Japanese Code of Ethics for Pharmacist
薬剤師倫理規定

Revised on Oct. 24, 1997
平成9 年10月24日改定

Preamble 前文

Pharmacist, being a member of the health care profession, having been entrusted with the faith of the nation’s citizens land while observing the constitution and all the laws and ordinances of the nation, shall bear the obligation to preserve and promote the most essential of all human rights: good health and life. At the foundation of this obligation lies, not only the code of ethics born out of the reverence for life itself, but, moreover, the code of ethical pharmacy that is required in each and every step from the creation and preparation to the correct and proper usage of medicines. In order to guide the pharmacist, as they reply to the national trust, in fulfilling their professional duties and in making contributions to the progress of medical service and public health and welfare, we hereby establish the following Code of Ethics.

 薬剤師は、国民の信託により、憲法及び法令に基づき、医療の担い手の一員として、人権の中で最も基本的な生命・健康の保持増進に寄与する責務を担っている。この責務の根底には生命への畏敬に発する倫理が存在するが、さらに、調剤をはじめ、医薬品の創製から供給、適正な使用に至るまで、確固たる薬の倫理が求められる。
 薬剤師が人々の信頼に応え、医療の向上及び公共の福祉の増進に貢献し、薬剤師職能を全うするため、ここに薬剤師倫理規定を制定する。

Principles

1. A pharmacist, in accordance with the basic principles of preserving and respecting the dignity of individuals and the reverence for life itself, shall, in fulfilling their obligation to sustain and contribute to a healthy human life, strive to contribute to the progress in
and the promotion of public health and welfare in all areas of pharmaceutics from the preparation to the distribution and use of drugs and medicines.

(任務)
第1 条 薬剤師は、個人の尊厳の保持と生命の尊重を旨とし、調剤をはじめ、医薬品の供給、その他薬事衛生をつかさどることによって公衆衛生の向上及び増進に寄与し、もって人々の健康な生活の確保に努める。

2. A pharmacist shall always remain autonomous and free from influence and carry out all professional duties with a sense of conscience and compassion.

(良心と自律)
第2 条 薬剤師は、常に自らを律し、良心と愛情をもって職能の発揮に努める。

3. A pharmacist shall be familiar with and obey all statutes of law pertaining to their professional duties including all pharmaceutical, medical and health insurance law, as well as any other applicable law.

(法令等の遵守)
第3 条 薬剤師は、薬剤師法、薬事法、医療法、健康保険法、その他関連法規に精通し、これら法令等を遵守する。

4. A pharmacist shall maintain high standards of knowledge and skill through out their lifetime, always remembering to pass on the achievements of their predecessors and taking care to nurture their successors.

(生涯研鑽)
第4 条 薬剤師は、生涯にわたり高い知識と技能の水準を維持するよう積極的に研鑽するとともに、先人の業績を顕彰し、後進の育成に努める。

5. A pharmacist, being a member of the health care profession, shall always cooperate fully with fellow pharmacists, as well as, with other members of the medical profession in doing their best to work for the benefit of the patient in all areas of medicine, public health and welfare.

(最善尽力義務)
第5 条 薬剤師は、医療の担い手として、常に同僚及び他の医療関係者と協力し、医療及び保健、福祉の向上に努め、患者の利益のため職能の最善を尽くす。

6. A pharmacist shall always endeavor to maintain and assure the quality effectiveness, and safety of medications. They shall always explain sufficiently to patients and others about the correct and proper preparation and use of drugs and medicines.

(医薬品の安全性等の確保)
第6 条 薬剤師は、常に医薬品の品質、有効性及び安全性の確保に努める。また、医薬品が適正に使用されるよう、調剤及び医薬品の供給に当たり患者等に十分な説明を行う。

7. A pharmacist shall take a leading role in the promotion of policies for the purpose of promoting the public health.

(地域医療への貢献)
第7 条 薬剤師は、地域医療向上のための施策について、常に率先してその推進に努める。

8. A pharmacist shall, through cooperation with other pharmacists and other professionals from all walks of life, work towards making contributions to society at large.

(職能間の協調)
第8 条 薬剤師は、広範にわたる薬剤師職能間の相互協調に努めるとともに、他の関係職能をもつ人々と協力して社会に貢献する。

9. A pharmacist shall not, without just and fair cause, disclose any information about patients or otherwise which was obtained in the course of performing their professional duties.

(秘密の保持)
第9 条 薬剤師は、職務上知り得た患者等の秘密を、正当な理由なく漏らさない。

10. A pharmacist while carrying out professional duties, shall never disregard the faith placed in them; shall never act in any such way that would result in the loss of that trust or respect; nor shall they ever take any action which would result in the improper use of abuseof drugs or medicines.

(品位・信用等の維持)
第10条 薬剤師は、その職務遂行にあたって、品位と信用を損なう行為、信義にもとる行為及び医薬品の誤用を招き濫用を助長する行為をしない。

|

« 中医協。議事録追加。三浦委員大活躍。 | トップページ | 内服薬処方せん検討会の「検討」を眺める遊び。 »

薬剤師倫理規定擬人化」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/539089/47974899

この記事へのトラックバック一覧です: 薬剤師倫理規定って英語でこう書くんだ~:

« 中医協。議事録追加。三浦委員大活躍。 | トップページ | 内服薬処方せん検討会の「検討」を眺める遊び。 »