« 実務実習。DVD感想記2『アイテムの管理』編 | トップページ | 実務実習。DVD感想記3『調剤』編 »

診療報酬。公益委員がパブコメ完全無視。

中医協議事録が最近の部分だけ公表されました。

まずは、資料としてパブコメが提示された回の冒頭の会話をご覧ください。

(10/02/05 第166回中央社会保険医療協議会総会議事録より)

○遠藤会長
 (前略)続いて平成22年度診療報酬改定について議題とする。先ずは、先日実施したパブリックコメントの結果について事務局より報告いただく。
 
○(渡辺)保険医療企画調査室長
 (資料「総-2」に沿って説明)
 1月15日に本総会において承認いただいた現時点での骨子をパブリックコメントということで、1月15日から22日まで意見募集した。具体的にはHPにおいて告知して、意見提出は電子メール、郵送いずれでも可とした。寄せられた意見の総数は2,938件である。意見者の属性としては、年齢については40~64歳までが全体の70.5%、性別では男性が82.5%、職業別では医療関係者の方が94.7%と多かった。2p~4pが現時点での骨子の重点課題、4つの視点に沿ってそれぞれの論点についての意見件数を纏めている。受付件数は約3,000件と申し上げたが、述べ件数としては4,623件であった。具体的なご意見については5p以降で、それぞれの柱について同じような内容を集約するとともに、件数の多いご意見のみを取り纏めている。全体としてみると総じて、これまでの総会において出されてきた論点や方向に沿ったご意見を多数いただいている。これからの取り纏めに当たってのご議論の中で、貴重なご意見であるので参考にしていただければと思う。
 
○遠藤会長
 個別内容については時間の関係上質疑はしないが、今後の議論に十分有用な内容もあるかと思うので参考にしたい。ご意見・ご質問がなければ、引き続いてDPCにおける新たな機能評価係数の導入に関する対応について議題としたい。事務局より資料説明をお願いする。

引用終わり。

なんですか、この茶番劇。

中医協の会長は、公益を代表する委員の中から選挙によって選ばれているのですが・・・

『公益』って、ようするに、『公(行政側の利)益』ってことのようです。

それじゃあ、会長、完全に御用学者じゃん。

公益【こうえき】社会一般の利益。公共の利益。 ⇔ 私益、ですから、「公益を代表する委員」は、お役人さんの意見も国民の意見も両方聞いて、より公益性が高まる方向へと意見するのが、基本ですよね?

なんで、国民の意見であるパブコメは議論すらしないんですか?

「パブリックコメント」全体は、『私益と公益が混在するもの』です。

公益を代表する委員が、公益に値すると考えるテーマをパブコメから抽出して議題にするのは、まさしく「公益を代表する委員」に求められている職務です。たとえ少数の意見であっても、議論されていない公益的意見を議題にする・・・普段はお役人の手先みたいなことばかりしていても、さすがに今回こそは、そういった能力を発揮してくれるのかと思っていたら・・・

「時間の関係上」議論しない、と言ってのけるのですから、驚きます。

「時間がないから議論しないで済ませ、無視する」のは、『私益』でしょ?

『その日時間がないのなら、別の日に時間を作って議論する』という選択肢はないんですか? 継続議論にしている議題は、かなりありますよね?

イレギュラーな資料である「公聴会アンケート」のときは、個別意見について話し合っていたのにね

遠藤会長本人は、『2008年5月30日に舛添要一厚生労働大臣が「中医協の診療報酬配分の決定には透明性がない」と発言したことを受け、6月4日の総会の冒頭で「不透明な点はなく、大変困惑している」と述べた。』というエピソードがwikipediaに残るように、『中医協には不透明な点はない』と考えているようですが・・・

遠藤会長の議事運営だけでも、ものすごく不透明です。

   ☆

保険医療企画調査室長の説明が、また、いつものアレ。『同じような内容を集約するとともに、件数の多いご意見のみを取り纏めている。』という。件数は少なくても中医協で議論されにくい意見を抽出する・・・みたいな、過去の経緯はすべて無視。

これまでの総会において出されてきた論点や方向に沿ったご意見を多数いただいている』という言葉は、委員のみなさんの胸にどのように響いたのでしょうか。

『だったら、その意見を全部、原文で公表してみてください。精査します』

と、誰も言わないんですよね。こういうとき。

公聴会の意見で、『パブコメの意見をちゃんと読め。議論しろ』というものがあったにもかかわらず。

意見が全く出なかったことから考えて・・・ようするに、「パブコメの意見を読んできた委員は、ひとりもいなかった」ってことのようです。

『週明けまでに資料作っといて』と部下に命じ、部下が休日返上徹夜で資料を作り、余裕を持ってその資料を送ると、結局『ああ、あれ、使えなさそうだから読まずに捨てた。どうせたいしたことない内容だろ?』と言いながら豪快に笑う上司・・・みたいな、浦見魔太郎が部下だったら大変なことになりそうな、よくある風景なのかもしれませんけれどね・・・。

|

« 実務実習。DVD感想記2『アイテムの管理』編 | トップページ | 実務実習。DVD感想記3『調剤』編 »

医療」カテゴリの記事

第十条」カテゴリの記事

趣味」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/539089/47590498

この記事へのトラックバック一覧です: 診療報酬。公益委員がパブコメ完全無視。:

« 実務実習。DVD感想記2『アイテムの管理』編 | トップページ | 実務実習。DVD感想記3『調剤』編 »