« スポーツファーマシストの基礎知識 | トップページ | 診療報酬。パブコメとか公聴会とかの歴史。 »

薬剤師議員さん。「逮捕を考える会」

『石川代議士の逮捕を考える会』だそうです。

いくらでも「考えて」ください~。

考えるだけなら、単なる勉強会ですから~。

でも、「石川君をどうやったら助けられるか検討したい」とか「釈放要求の発議も検討」とか、発表しちゃいましたから、「考える」だけの会ではない、ということになりました。

薬剤師、関係なさそうですが。

『石川代議士の逮捕を考える会』のメンバーの中に、『日本薬剤師会雑誌』の年頭あいさつで登場する方がいるものですから、さあ、大変。

誰って・・・

「当選確実なう。」で有名な、

元ニセコ町長の、薬剤師議員、逢坂誠二代議士です。

北海道薬科大卒で・・・、wikipediaによると称号「薬学士」になっていたので、あわてて厚生労働省の「薬剤師資格確認検索」をかけました。(ちゃんと名前が出てきたので一安心。)誰か「薬剤師」に修正しておいてくださいませ。

今の役職は、地方分権改革担当の首相補佐官。いわゆる偉い人。内閣の中枢ド真ん中で仕事をする当事者です。

それが、たった一度の勉強会で「不当逮捕だ」という結論を出してしまうような「考える会」に参加してしまうのは、「やっちゃった」感が強いんですよね。

勉強会の内容も、参考意見を述べる人が一人だけだったようですし。

薬剤師が、薬品メーカーのMRさん一人の言い分だけ聞いて「この薬はいい薬だ。他社の○○はヒドイ薬だ!」なんて、納得してしまうような展開。とりあえず、他社の意見も聞いてみればいいのに。

政府中枢の人間が、政府の機関の活動に「不当だ」と述べる「有志の会」に行って、全会一致の「不当逮捕」という結論に賛成してしまうという・・・「自らを、不当な活動をする人間であると述べる」ような、不思議な光景です。

生徒会役員が、生徒会機関(風紀委員会)の活動に「不当だ」と述べる「有志の会」に行って、全会一致の「不当」という結論に賛成してしまう・・・みたいな。普通、生徒会役員を辞めてから参加するか・・・、少なくとも「不当」という結論に対してすぐさま賛成しないですよね、こういうとき。

当選二回、北海道。

同期etcでも、ちょっと、立場的に、どうかなー。

参加経緯が不明なので、『ちょっと同期であつまろうぜと言われて行ってみたら、なんだか深刻な会合で、騙されたー☆』というケースも、ありえなくはないのですが。

せめて、もう少し、「考えて」ほしかったですね。

函館薬剤師会の新年会で挨拶した日の夜のtwitterでは、

石川代議士の件、今後、どのように捜査が進むのか見守るしかありません。最近は検察の動きが全て正義と報道されることに危惧を覚えています。過去、検察が全て正しかった訳ではありません。にも関らず、逮捕されると、即、犯罪者であるかのような印象を与える報道が多いことが心配です。

と、慎重な「見守る」姿勢を呟いていました。冷静な対応をする雰囲気だったのですが、そこから二日で、なにか心境の変化があったのでしょうか。ブログ等での「考える会」関係の話題は今のところないようですから、これから、いろいろ出てくるかもしれません。それこそ、ゆっくりと、「考える」資料を、動向を見守っている薬剤師にも提示してくれるのではないかと、期待しています。

|

« スポーツファーマシストの基礎知識 | トップページ | 診療報酬。パブコメとか公聴会とかの歴史。 »

第九条」カテゴリの記事

趣味」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/539089/47334921

この記事へのトラックバック一覧です: 薬剤師議員さん。「逮捕を考える会」:

« スポーツファーマシストの基礎知識 | トップページ | 診療報酬。パブコメとか公聴会とかの歴史。 »