« 夏の日薬代議員会2「日薬会館」 | トップページ | 夏の日薬代議員会3「将来展望」 »

PS。医療倫理の概説とか。

「ぷろ☆すた」には、項目1.1.5に、『医療倫理の歴史を概説できる』と書いてあります。

「歴史」の部分には、「(ヘルシンキ宣言、ヒポクラテスの誓いなど)」と書いてあります。

「ヘルシンキ宣言」については以前にHealthThinking宣言♪とか言いながら触れましたので、「ヒポクラテスの誓い」から。

The Oath of Hippocrates I swear by Apollo the Physician, and Aesculapius, and Health, and All-heal,
and all the gods and goddesses, that, according to my ability and judgment,

I will keep this oath and this stipulation-to reckon him
who taught me this art equally dear to me as my parents,

to share my substance with him,and relieve
his necessities if required; to look upon his offspring
in the same footing as my own brothers,
and to teach them this art, if they shall wish to learn it,

without fee or stipulation; and that by precept,
lecture, and every other mode of instruction,

I will impart a knowledge of the art to my own sons,
and those of my teachers, and to disciples bound by a stipulation
and oath according to the law of medicine, but to none others.

I will follow that system of regiment which,
according to my ability and judgment,

I consider for the benefit of my patients,
and abstain from whatever is deleterious and mischievous.

I will give no deadlymedicine to anyone if asked,
nor suggest any such counsel ; and in like manner

I will not give to a woman a pessary to produce abortion.
With purity and with holiness I will pass my life and practice my art.

I will not cut persons l aboring under the stone,
but will leave this to be done by men who are practitioners of this work.

Into whatever houses I enter,

I will go into them for the benefit of the sick,
and will abstain from every voluntary act of mischief
and corruption of females or males, onot to be spoken of abroad,

I will not divulge, as reckoning that all such should be kept secret.

While I continue to keep this oath unviolated,
may it be granted to me to enjoy life and
the practice of the art, respected by all men, in all times !

But should I trespass and violate this oath, may the reverse be my lot!



真面目な翻訳は、別のとこで読んでいただくとして。

【超・偏りありありの意訳にすらなってないヒポクラテスの誓いっぽいの】

「疫病神を暗喩して医の神と恐れられた太陽神」、「その太陽神の息子で、死者蘇生するほどの技術力を持ったら神様に殺された天才」、「その天才の娘たち」という華麗なる医者一族と、神様全部に、『自身の能力と判断に従って』・・・つまり『真剣に言ってるわけじゃなくて、遊びだってわかってるよね?』・・・この制約を守るって誓うよ、うん。

医術を教えてくれた大学教授を、絶対服従って意味で敬うし、学長選挙なんていったら資金援助もするし、応援演説も当然さ。

恩師の息子や孫が医者になりたいって言えば、学費免除の裏口入学だって面倒みるぜ。

本の共同執筆や個人授業、その他「あらゆる」方法で、自分の息子・恩師の息子・派閥の弟子たちに医術の知識を教え込むけど、他のだれにも教えないし面倒もみない。

『自身の能力と判断に従って』・・・つまり、『その場のノリでもいいから』・・・患者の都合がいいんじゃないかっていう治療法を選ぶ。害となる・・・医療訴訟につながりそうな治療法は決して選択しない。

依頼されても、人を殺すような強い薬は使わないし、そう匂わせることも、「副作用が出た」と難癖つけられないようにするため、しない。同様に流産の道具も与えない・・・手術はするけど。

一生、純粋で神聖な【お花畑脳】で、医術を行うぜ。

結石手術なんてゼッタイやんないよ。手術屋にたらいまわし。

往診に行って不倫とか窃盗とかゆすりたかりとか、あとが怖いから避ける。

男女身分はどうでもいい。要は金だから。

医療関係なく、プチ整形とか、薬物依存とか、他人の秘密は(例外なく)漏らさない。

この誓いを守り続ければ、俺様すげー。人生完璧バラ色。

この誓いを破ったら、あちこちの恨み買いそうだなー。

 恩師だけには尊敬と感謝をささげる。(恩師以外には頭下げないぜ)
 良心五割と威厳五割で医療を実践。(それどんな態度なんだか)
 患者の健康っていうか生命を第一。(命だけは取り留めます)
 患者の秘密は絶対守る。(秘密って言われなければ学会発表だ)
 業界の名誉と伝統を保持。(革新的なことには手を出さないぞ)
 同僚であればブラザー。患者なら差別しない。(でもそれ以外は別だぜ)
 受精したときから至高のメニューに登録。(お得意様誕生。中絶させないぜ)
 圧力を受けても人道以外に技術を使わない。(人道=自分の患者の要望)

・・・っていう内容だったりしたらヤダなー。

ヒポクラテス自身が誓ったわけでもないのに「ヒポクラテスの誓い」って名づけられてしまうあたり、いやーな雰囲気を感じます。

これ、斜めに構えて読むと、「保身に走る大学病院の内科担当の妄想」にみえてしまう代物です。全米の医師が卒業式で真面目な顔して宣誓するそうなので、「です」って言いきっちゃいけないような気もしますし、そもそも斜めに構えて読むのは間違った読み方ですが・・・。

世界には、想像の斜め上をいく読み方をした人もいたようで。

『この誓いはカルチャー・ラグだぜ、ベイベー。こんな誓いをした奴は、男尊女卑で同性愛の(以下略)』

と、米国紳士が異論を唱えたそうです。さすがフリーダムな国。

そんな異論に、真面目な学級委員長みたいな人が、反論します。

『この誓いはヒポクラテス本人でこそないだろうけど、内容は立派なんだい! 誓いは永遠不滅なんだいっ』

・・・反論しなきゃいいのに・・・。

まあ、はたから見ていたフツーの人は、気付きますよね。

この古い古い古い誓いを続けても、しょーがないよね、って。

「御典医様、殿様から離れてください」と、何メートルも先から診察させるような古さだし。

んでもって、「ジュネーブ宣言」につながります。

つながるんですが、今のところ、まだ、「ヒポクラテスの誓い」は、あちこちの医科大の卒業式で宣誓されています。

なので。

「ああ、こーゆーことを、若気の至りとはいえ、真顔で宣言しちゃった人たちなんだな」という点を理解するためにも、「ぷろ☆すた」では、わざわざ一項目設けているんじゃないかと考える次第。(←考えすぎ)

【おまけ 進化した、現代の医療倫理】

医の倫理綱領

 医学および医療は、病める人の治療はもとより、人びとの健康の維持
もしくは増進を図るもので、医師は責任の重大性を認識し、
人類愛を基にすべての人に奉仕するものである。

1.医師は生涯学習の精神を保ち、つねに医学の知識と技術の習得に
努めるとともに、その進歩・発展に尽くす。

2.医師はこの職業の尊厳と責任を自覚し、教養を深め、
人格を高めるように心掛ける。

3.医師は医療を受ける人びとの人格を尊重し、やさしい心で接すると
ともに、医療内容についてよく説明し、信頼を得るように努める。

4.医師は互いに尊敬し、医療関係者と協力して医療に尽くす。

5.医師は医療の公共性を重んじ、医療を通じて社会の発展
尽くすとともに、法規範の遵守および法秩序の形成に努める。

6.医師は医業にあたって営利を目的としない

    えーと。

    ヒポクラテスの誓いより、こっちを勉強したほうがいいですよね・・・。

|

« 夏の日薬代議員会2「日薬会館」 | トップページ | 夏の日薬代議員会3「将来展望」 »

ぷろ☆すた」カテゴリの記事

医療」カテゴリの記事

第四条」カテゴリの記事

趣味」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/539089/46865502

この記事へのトラックバック一覧です: PS。医療倫理の概説とか。:

« 夏の日薬代議員会2「日薬会館」 | トップページ | 夏の日薬代議員会3「将来展望」 »