« 夏の日薬代議員会4「薬の日」 | トップページ | 夏の日薬代議員会6「認定薬剤師制度」 »

夏の日薬代議員会5「日薬の禁煙への取り組み」

夏の日薬代議員会、つづき。

今回は【日薬の禁煙への取り組み】について。

岩本代議員からの質問です。

岩本 『2003年4月、日薬は、国民の健康を守るために禁煙の推進、また児童喫煙の防止に貢献すると高らかに宣言を出した。いろいろな禁煙への取り組み、また禁煙支援は各都道府県や薬局でもやられているが、この禁煙宣言の中には、五番目に、「薬剤師会館の全面禁煙を徹底します」という項目がある今、日薬事務所には堂々と喫煙室がある。たばこは嗜好物であるという考えもあるかとは思うが、やはり敷地内禁煙が進んでいる中で、薬剤師会の事務所は分煙をしているという状況である。この際、あの部屋を撤去して、役員が、まず隗より始められて、禁煙を進めるということを提案したいが、如何か』

という質問・・・というか、

自分たちで新聞広告まで出しておいて、六年経ってもまだ禁煙徹底できないなんて、おまえら小学生以下か

という、非難ですね。(※そこまでは言ってないです)

まあ、当然です。

できないくせに、できると言うほうが悪い。

できないんだから、宣言なんかしないで、堂々と吸えばいいのに。

(参考)平成18年1月18日日本薬剤師会理事会承認『新・禁煙運動宣言』

私達は、国民の健康を守るため、以下のような取り組みを進め、禁煙の推進・受動喫煙の防止に貢献します。

1.国民の禁煙支援に積極的に取り組みます。
2.特に妊婦・未成年者への禁煙啓発活動を行います。
3.薬剤師の禁煙を徹底します。
4.薬局・薬店内の禁煙を徹底します。

5.薬剤師会館の全館禁煙を徹底します。
6.薬局・薬店ではたばこの販売を行いません。

姑息なことに、「全面禁煙はしないけど、喫煙所で分煙したからいいよね?」と、どこの誰に向かって取り繕っているのか知りませんが、トイレで校則違反のたばこを吸う中学生的な発想で「喫煙室」を作っているわけです。

岩本代議員は「役員が、まず隗より始められて」と、穏やかに話していますが、薬剤師会館内では吸わないと言ったのだから、四谷三丁目の富士国保連ビル7Fからエレベーターなり階段なりを使って地上に出て、屋外で吸えばいいのでしょう。その手間も惜しいというほど喫煙依存が強い重症状態なら、薬剤師会の場合健康に差し支えると言っているのですから、まずお医者さんに行って治療してもらってから役員を引き受ければいいだけのことです。

で。

日薬副会長の寺脇さんが、答えます。

寺脇 『日薬でたばこを吸う役職員の話を聞き、喫煙室ものぞいてみた。結論を申し上げると、時代の流れ、医療人として禁煙はやむを得ない。喫煙室をなくして全面禁煙にするとは思うが、具体的な時期は、総務担当で決定したい

・・・あれ?

やむを得ない、とか、言ってますよ。

「当然である」じゃ、ないんですね。

「時代の流れ」的には、もともと六年前にさかのぼりますから、たぶん、痛みが伝わる神経がどうにかなっていて、脳に伝わるのに六年以上かかるのでしょう。

・・・この、すごく後ろ向きな答弁は、要するに、

『喫煙室のことがバレちゃったから、いつか完全禁煙にしますと言っておいて、誤魔化そう・・・って、喫煙者の役員や職員に言われたから、そう答えます』

という心の叫びなのでしょうか。話の流れからすると寺脇副会長はタバコを吸わない人のようですが、もし喫煙者だったら、この答弁の意味が変わりますので注意。

先延ばし、先送りをはかる執行部に対して、岩本代議員は迫ります。

岩本 『この問題は、「喫煙室を撤去する」と言えば済む話であって、理事会等で議論すべきことではないと思うので、会長のご決断をお願いしたい』

さあ、逃げられなくなりました。

児玉会長の決断は・・・?!

児玉 『ご指摘の通りで、三師会はじめ全国の薬剤師会の会館もすべて禁煙になっているので、これは当然であろうと思う。しかしながら、時期等について今後詰めたいと思う』

うわー。はじまったー。

児玉会長ワールド全開ですよー。

禁煙はする。いつからするかは、誰かが決める。

って言われて、信用できるんですかね、ふつー。

しかも、禁煙宣言してから六年間、禁煙しないでいた人たちですよ。

信用できるわけないでしょ。

薬剤師会館の全面禁煙宣言」は、国民との約束ですよね。

しかも。

項目5の「薬剤師会館」以前に、

項目3で、「薬剤師の禁煙を徹底します」と宣言しているんですよ。

でも、「日薬でたばこを吸う役職員に話を聞いた」という話がありましたし・・・。

日薬の役員は、基本的に、全員薬剤師ですから・・・。

薬剤師の禁煙も、徹底できていないじゃん

・・・ほら、嘘つきになっちゃいましたよ。

もう、子供に「嘘をつくのはよくないぞ」とか、言えない体ですよ。

F.I.P(国際薬剤師連盟)のネタを書いているときにも感じましたが、

組織の偉い人って、自分はやらないくせに、人に押し付けるの、大好きですよね

別に禁煙しろなんて言いませんから、日薬は、

まず、国民に、「できもしないことを宣言してごめんなさい」と、素直に謝ったらどうなんですかね。

|

« 夏の日薬代議員会4「薬の日」 | トップページ | 夏の日薬代議員会6「認定薬剤師制度」 »

医療」カテゴリの記事

第七条」カテゴリの記事

第三条」カテゴリの記事

第十条」カテゴリの記事

趣味」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/539089/46971505

この記事へのトラックバック一覧です: 夏の日薬代議員会5「日薬の禁煙への取り組み」:

« 夏の日薬代議員会4「薬の日」 | トップページ | 夏の日薬代議員会6「認定薬剤師制度」 »