« タバコと薬剤師倫理 | トップページ | 点数シール?それって美味しいの? »

第三十回「人間は力に屈しやすいものだ。あさましい欲望に高貴な人間性(以下略)」

 【つかさ】先生から見ると、学園の生徒たちは、面倒なので関わりたくない人ばかりです。(アンチテーゼだから、そうなりますよね)

 【ひとみ】は健康にしているのがウザい。不健康でも楽しいほうがいいし酒やタバコをやめる気ゼロだし
 【ふたば】は超おせっかいで嫌だ。タバコやめろとか、言われたくない。
 【みつひ】は警察っぽくて苦手だ。人の決めたルールや常識に縛られるなんて、まっぴらごめん。
 【よつな】は達観している感じがプレッシャーだ。自分のやっていることの小ささを見透かされるのはごめんだ。
 【いつめ】はやたらと頑張る体育会系のノリがうっとうしい。そのノリを押し付けてくるのもやめろ。
 【むつき】は小理屈こねそうなオタクで陰気になる。何か間違えたことを言ったときに訂正するのはやめろ。
 【ななせ】は未来志向過ぎて疲れる。明日のことなんか明日考えればいいだろう。
 【やつね】は金儲けしてるのに金は貸さない役立たずだ。宵越しの金はもつなよ。
 【ここの】は【つかさ】を犯罪の百科事典だと言って邪魔する敵。
 【とうあ】はどこか違う星の住人にしか見えない。

 精神衛生上、【つかさ】のほうは、生徒たちと関わらないでいたい。

 でも、生徒たちから見た【つかさ】は、単なる「世の中のどこにでもいそうな、面白い大人の、ちょっとだけ極端な例」でしかありません。

 【ひとみ】や【いつめ】は「面白い先生」、
 【ふたば】は「世話しがいのある人」、
 【みつひ】や【よつな】は「これが本当の反面教師」、
 【むつき】は「人間観察データの良いサンプル」、
 【ななせ】は「いわゆる大衆の象徴」、
 【やつね】は「こいつが買う商品は売れるはず」、
 【ここの】は「犯罪のテーマパーク、宿敵」、
 【とうあ】は「独特の文化を築いている方」

 という印象です。

 意外と、役に立っているようです。

|

« タバコと薬剤師倫理 | トップページ | 点数シール?それって美味しいの? »

薬剤師倫理規定擬人化」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/539089/44998187

この記事へのトラックバック一覧です: 第三十回「人間は力に屈しやすいものだ。あさましい欲望に高貴な人間性(以下略)」:

« タバコと薬剤師倫理 | トップページ | 点数シール?それって美味しいの? »