« PS。プロフェッショナルスタンダード×倫理 | トップページ | 薬剤師が映画にでてくる!と喜んだ方へ »

第三十一回「ねだるな、勝ち取れ! さすれば与えられん」

 番外その2。

 日本薬剤師会学術大会ではいまだに斉唱するという、あの「三条」の擬人化です。

 番外2  薬剤師綱領原理主義
  倫理規定は、薬剤師綱領に劣るものである。
  真の薬剤師は薬剤師綱領三条をもって
  倫理とすべし。


012kimi


















「綱領最高」金海 きみ


   御薬学園教頭。学園OG
   闇の教育委員会の手先。権力の犬。
   現在の生徒会の自治を毛嫌いし、過去に
   自分たちが決めた旧校則を礼賛する。

 番外2は、薬剤師綱領です。

 同じ対象に、ふたつの倫理規定が存在しているという、不思議な状態。

 それも、旧倫理規定と新倫理規定というふたつではなく、別々のもの。

 「倫理規定」と「綱領」って、どちらかでいいのに。

 ひとつの対象に、ふたつの価値観。

 二重人格? みたいな。

 だったら、薬剤師綱領のほうが正当なのだと認めさせてやる! というのが、番外2の考え方。

 生徒側が「倫理規定」重視なら、対する相手は「綱領」重視でしょう。

 校長よりは下の職務で、学園ドラマにおける生徒会の敵といえば、教頭先生。

 教え子に厳しい教師像から、なんとなく往年の大女優的デザインになりましたとさ。

|

« PS。プロフェッショナルスタンダード×倫理 | トップページ | 薬剤師が映画にでてくる!と喜んだ方へ »

番外編」カテゴリの記事

薬剤師倫理規定擬人化」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/539089/44998207

この記事へのトラックバック一覧です: 第三十一回「ねだるな、勝ち取れ! さすれば与えられん」:

« PS。プロフェッショナルスタンダード×倫理 | トップページ | 薬剤師が映画にでてくる!と喜んだ方へ »