« 個人輸入×擬人化倫理 | トップページ | 第三十一回「ねだるな、勝ち取れ! さすれば与えられん」 »

PS。プロフェッショナルスタンダード×倫理

SPじゃないです。

PSです。

PSっていうと世間ではプレイステーション(ゲーム機)の略なのですが、

薬剤師会的には

「プロフェッショナル・スタンダード」です。

これ、「PS」って略して広めようとしているのはどこの誰なんだか・・・。

「10 りとる ふぁーましー すたーず」を略して「てんしす」とか言ってる人くらいに脳味噌が香ばしい気がします。(要ツッコミ)

それにしてもPS。

「世の中に固有名詞的にあふれている略号」と同じにしちゃダメだって、学校の先生に教わらなかったのでしょうか。

普段「薬の名称で似たようなものは、間違えるもとだからやめよう」と語っている人たち、今が出番ですよ。「PSとPSどっちがPSだかわからないからPSはPS、PSは別の名前にしてください。PS.あいらぶゆー」みたいな、何言ってるのかわからない言葉に文句をつけてください。

ついでに、クリニカルラダーをCLっていうのもやめさせてください。CLっていったらチャンピオンズ・リーグだと思います。

で。

略称についてはカタい人にお任せして。本題。

「日本薬剤師会雑誌」平成21年11月号に、PS特集の冊子が付録でつきました。

六年越しの、大作です。委員会、痛みに耐えて、よくがんばった♪ 感動した。

日薬(の中の生涯学習委員会。このブログの「おすすめ書籍」にて紹介している『ビジュアル(以下略)』の編者が副委員長ですよ☆)は、本気モードのようです。

「この本を読んで、日薬の求める職能の基本をチェックして、できてないところを把握してね☆」という言葉の裏で、「数年後に、できてないところは、どうなってもしらないからねー☆ われわれは責任取らないよ」あるいは「数年後までに、われわれが責任を持って、できるように仕向けるからね」と、言っているのではないかと。たぶん後者。

「薬剤師に求められるプロフェッショナル・スタンダード」には五つの大項目があります。

そのうちのひとつが、ヒューマニズム。

正確には、「ヒューマニズム(倫理)」です。

小項目だと、60項目もあります。94人も集めてワークショップでつくっただけあって、大学教員にとってわかりやすい(現場からみると「これ、スタンダードじゃないよ」という)項目も並んでいます。

ヒューマニズムについてはいろいろな派閥があるので、ひとくくりにするのは乱暴な気もしますが、「(倫理)」と書いてあるのですから、このブログ的には、その小項目の中でも「(倫理)」っぽい部分について、みてみます・・・。

薬剤師倫理規定については、項目1.1.8に、ありました。

 「薬剤師倫理規定を概説できる」。

えーと。はい。普通の薬剤師は、職業標準として、「概説」できれば、いいそうです。

「薬剤師倫理規定の各条文を説明できる」とか「薬剤師倫理規定を遵守/実践している」では、なさそうです。

「薬剤師綱領」についても、同様。概説のみでOK。

うーん。

項目1.2.3と1.2.4では

「対面話法例示集を概説できる」

「対面話法例示集に基づいて行動できる」

のように、

「概説できる」ことと「基づいて行動できる」ということとがセットなのですが。

薬剤師倫理規定や、薬剤師綱領の話になると、なぜか、「基づいて行動できる」ことは無視されます。

「マニュアル」でないと、「基づいて行動できない」のでしょうか。

そうでもないですよね。

で、読み進めていくと。

項目1.1.12に、「薬剤師法第一条について概説できる」とありますが・・・。

第1条 薬剤師は、調剤、医薬品の供給その他薬事衛生をつかさどることによつて、公衆衛生の向上及び増進に寄与し、もつて国民の健康な生活を確保するものとする。

という内容ですよね、薬剤師法第一条。

それに対して、薬剤師倫理規定第一条が、

(任務)薬剤師は個人の尊厳の保持と生命の尊重を旨とし、調剤をはじめ、医薬品の供給、その他薬事衛生をつかさどることによって公衆衛生の向上及び増進に寄与し、もって人々の健康な生活の確保に努める。

なのですが。(薬剤師倫理規定第一条のほうが、いろいろ付け足しあり。)

薬剤師倫理規定を概説できるということは、

すなわち、

すでに薬剤師法第一条の概説をしたのと同じ(というか、それ以上)なのです。

ワークショップの参加者は、未だに、誰も、このことに気づいていないんですかね。

・・・・この項目削って、「薬剤師倫理規定に基づいて行動できる」にしませんかねー?

会長も、PS冊子の冒頭で、「適宜改定をくわえる」とお話していますし。

「概説できる」のままなら、あんまり難しく考えなくてもよくて、「薬剤師倫理規定」を擬人化して覚える、というおばかなノリで、十分ってことで。

|

« 個人輸入×擬人化倫理 | トップページ | 第三十一回「ねだるな、勝ち取れ! さすれば与えられん」 »

ぷろ☆すた」カテゴリの記事

医療」カテゴリの記事

第三条」カテゴリの記事

趣味」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/539089/46687991

この記事へのトラックバック一覧です: PS。プロフェッショナルスタンダード×倫理:

« 個人輸入×擬人化倫理 | トップページ | 第三十一回「ねだるな、勝ち取れ! さすれば与えられん」 »