« 2009年8月 | トップページ | 2009年10月 »

2009年9月

倫理規定を視覚化して、いいかげんな解説もする。

日本薬剤師会学術大会ポスター発表の続報です。

今回は、冊子の、キャラクター紹介&解説ページの紹介。

Sample02

見ての通り。四コマ漫画じゃないページもあります。

偉い人が「文字ばっかりだから読みたくない」と言っていました。

このページでは、「いいかげんな解説」しかしていませんが、まじめな解説は、別のページにありますのでご安心?ください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

第二十四回「作法は大事といいまして」


 今回は、いよいよ第十条。


 アンタッチャブルな存在の登場です。

 第十条 品位・信用等の維持
  薬剤師は、その職務遂行にあたって、品位と
  信用を損なう行為、信義にもとる行為及び
  医薬品の誤用を招き濫用を助長する行為をしない


010toua

















「赤心慶福」白峰 とうあ


   御薬学園高等部3年生。
   茶道部・華道部・日本舞踊部の部長を兼任。
   学園の品格を象徴する、下級生憧れのお姉さま。
   普段は巫女さんとして神社で書を認めている模様。

 第十条は、「薬剤師の品格」みたいな。

 セレブです。

 いえ、日本のセレブは「成金」っていう意味ですが、それではなくて、「名士・著名人」という意味です。

 関係者なら、誰もが知っている、有名な人。

 アイドル歌手というネタも浮かびましたが、アホっぽい元気娘は【ひとみ】だけで十分ですから、いわゆる日本でのセレブに近い方向で、貴族に近いあたり…。

 それが、なぜ巫女さんになったのかは、正直覚えていません。

 誰かが「みこみこナースと言うくらいだから、看護婦っぽいのがいる集団に巫女がいないのは反則だろう」などと言っていたような気もしますが、忘れました。

| | トラックバック (0)

生徒会選挙の、よくある風景

国政選挙が終わったころ。

御薬学園でも、今年何回目かになる生徒会役員選挙が行われようとしていました。

本命候補は、紫炎七瀬(しえん ななせ)。現在の生徒会長です。

任期中、すでに三回の信任解散を行っているお騒がせ会長は、今回の選挙も信任選挙だとして、意気揚揚、選挙活動に励んでいます。

【ななせ】の選挙活動は、無限大の夢を破裂させたような公約と、その公約を実現させる可能性を含めた現実的推進案とがセットになった、分厚い資料から始まります。

数キログラムはある資料を片手で振り回しながら、【ななせ】候補は教室をめぐります。

ななせ「老朽化した第三プールに屋根、ジェット水流機構、温水化を施すことで、冬場は若者向けダイエットスパとして役立てたい。水流機構は運動選手の体力強化訓練にも効果的であるし、ゴジラ映画の撮影にも使える。一石数兆だ」

むつき「一石二鳥と経済効果数兆円とをかけた造語ですね。なお、維持費関連は資料342番をご覧ください」

ななせ「もともと老朽化していることを踏まえ、総施工費用20億円のうち60%は学校負担とし、残りの8億円を生徒会募金で賄う予定だ。そこで広告塔となるのが脳みそ筋肉、お前だ」

びしっ。と、【ななせ】候補が、指さした先には。

いつめ「えっ。お前だ、って、何が?」

むつき「『脳みそ筋肉』は、いつめさんのコードネームです」

ななせ「学園は各種国内大会への参加を自粛しているが、今年度特例として、お前を高校総体にエントリーした結果、参加した25の個人種目すべてで全国大会優勝という前代未聞の結果を残した。これを利用しない手はないだろう」

いつめ「そりゃ、会長が、赤点なんとかしてくれるっていうから行ったけど、結局、あとから記録抹消になっただろ」

むつき「いつめさんは、圧倒的な運動能力を誇りますが、中学三年生ですからね」

高校総体ですからね。失格になるのは当然です。

ななせ「ふふっ、そこが戦略だ! 騙しとおせそうだったが、私があとからリークしたのだ!」

いつめ「うわっ、チクったの、会長かよっ」

ななせ「伝説的な事実だけが、永遠に残るのだ。生ける伝説と化したお前ならば、8億の呼び水として不足なし! 喜べ!」

いつめ「な、なんか納得いかーん!」

むつき「まあまあ。赤点の件は穏便に処理しておきましたから」

いつめ「あー・・・それじゃあ、しょうがないなぁ・・・」

学園のコンピューターにハッキングして・・・という話は、内緒です。

こんな「黒い生徒会」に対抗すべく、対立候補がでるかと思いきや。

結局、立候補締め切りまでに、届け出にきた対立候補は・・・。

ひとみ「はーい。りっこうほ、しまーす!」

と、締め切り間際にやってきた、【ひとみ】さんくらい。

ひとみ「りっこうほしたら、ジュースもらえるってホント?」

なんだか、献血かなにかと混同しているようです。

そのうえ、届出用紙を書いているうちに、時間切れ。終了。

今回の選挙も、現職の圧勝でしたとさ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

倫理の視覚化。

日本薬剤師会学術大会、発表の続報です。

研究発表の結果である、配布物(冊子)を、ちょっと紹介します。

このブログの内容と、けっこう被るのですが・・・。

とりあえず、一部をスキャンしてみました。

Sample01

見ての通り。

四コマ漫画です。

おそらく、日薬学術大会史上、42回目にして初となる、「研究結果が四コマ漫画」という、発表です。

とはいえ、ちゃんと、倫理規定の条文を「視覚化」していますよね。研究としては、まじめです。

図のように、冊子の大半はマンガです。

・・・「日薬学術大会史上、最も幼稚な研究成果」かもしれません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

名探偵コナンを観た翌日に、よくある風景

ちゃらちゃーちゃーちゃらちゃーちゃー・・・

昨日から、【ひとみ】の頭の中では、大野雄二のかっこいい音楽を、繰り返し再生中。

通りすがりの同級生をつかまえて、お願い攻勢、開始。

ひとみ 「ここのちゃーん、少女探偵団に入れてーっ」

ここの 「ボクは少女探偵で、探偵団じゃないよ」

09kokonok 



ひとみ 「探偵団ごっこしたいーっ。番長さんみたいに、悪い人をこらしめるのーっ」

ここの 「いや、番長さんはすごく特殊だから」

ひとみ 「探偵団ーっ! 探偵団ーっ!」

ここの 「ああっ、ひとみちゃん、大きな声出したら気付かれちゃうよっ! 静かにしてよー」

どうやら【ここの】は、誰かを追跡している最中のようです。

ひとみ 「たんていだんー・・・」

ここの 「しょうがないなぁ。じゃあ、ひとみちゃん、悪徳商人の様子を探る手伝いをしてよ」

ひとみ 「悪徳商人! うわー、悪そうだねー」

ここの 「そう、わるい人かもしれないけれど、いまはまだ確証がつかめないんだ」

ひとみ 「どの人なのー?」

ここの 「えーと、じゃあ、ほら、あの人」

今、なんだか、テキトーに指さしたような気がします。

ひとみ 「あっ、商売人の人だー。わるものめー、かくごしろーっ」

ここの 「じゃ、ボクはこれから別件の調査があるから。がんばってね」

ひとみ 「りょーかいっ! よーし、がんばるぞー」

お子様を適当にあしらって、少女探偵は去って行きました。

【ひとみ】は、悪者の店を見張ります。

やつね(悪者) 「・・・で、なんか用か?」

ひとみ 「じーっ」

効果音を声に出して、悪者を観察する【ひとみ】です。

やつね 「気持ち悪いやっちゃなー。それ、なんかの遊びか?」

ひとみ 「探偵団活動だよっ」

やつね 「たんてーだぁーん? うさんくさいなー」

ひとみ 「しーっ。いま、悪徳商人を観察する大事な任務の最中なのー」

やつね 「おー、そーか。ま、がんばりーや」

ひとみ 「じーっ」

【ひとみ】は、観察を続けます。

やつね 「って、なんでウチみとるん?!」

ひとみ 「任務なの」

やつね 「おまえ、悪徳商人を観察する大事な任務って・・・。それ、ウチかいなっ」

ひとみ 「うん」

やつね 「あのなー。こんなにまっとうな商売人つかまえて、それはないやろ。誰の差し金かいな。どーせ生徒会長あたりやろ」

ひとみ 「探偵は依頼人のことは話さないんだよ」

やつね 「やっぱりそうかいなー」

なんだか、誤解が誤解を生みそうな展開ですが。

案の定、その後、ひと騒動ありましたとさ。

| | トラックバック (1)

第二十三回「探偵の友人は?」

 【ここの】は、少女探偵。

 神出鬼没な存在です。

 基本的には中学部の一年生なので、クラスメイトの【ひとみ】と一緒にいる…というわけでもなく、単独行動をとることが多いようです。

 探偵は警察とつるむもの、なのか、意外にも普段は【みつひ】と仲良しです。

 法律・規則の範疇での規律にうるさい【みつひ】と違い、【ここの】は「法律をこえたところにある真実の探求と、不正の断罪」に興味があるだけなので、法律の届かない案件では、荒事の得意な、番長の【よつな】がタッグパートナーです。

 警察以外の国家権力や財閥とは馴染まないので、【ななせ】会長たちは「不正をしているかもしれない」捜査対象者となります。

 特に胡散臭い【やつね】は終生の敵のようなもので、不正を気にせず突き進む【やつね】を止めるのが、日々の仕事となっています。

 不正を憎む【ここの】ですが、良心的で献身的な【ふたば】には、頭があがりません。

| | トラックバック (0)

第二十二回「ワトスンの推理法修行」

 靴の底の泥と、服の擦り切れかた、指の肉付きなどから依頼人の素性を言い当ててしまう、名探偵シャーロック・ホームズを見習って。

 処方箋内容と会話から、プロファイリング。

…なんてことも、やろうと思えば、できそうです。

誰かやらないかなー (無責任発言)

| | トラックバック (0)

第二十一回「探偵は事件を連れてくる」

 今回は、第九条です。

 学園の秘密が、今、明かされる・・・?

 第九条 秘密の保持
  薬剤師は、職務上知り得た患者等の秘密を、
  正当な理由なく漏らさない。


009kokono















「守秘断罪」茶森 ここの


   御薬学園中等部1年生。
   数々の難事件を解決してきた凄腕少女探偵。
   正義と真実を求めて、今日も聞き込みと現場探索。
   昔はヤク中(ヤクルト中毒)だったが克服したらしい。

 第九条は、
「秘密は守れ、不正は暴け」です。

 どんな秘密であろうとも、そこに不正があるならば、「正当な理由」の錦の御旗のもと、暴いてOK☆ ということ。

 会話していたら「実は、今朝泥棒をしてきたんですよ」などという秘密の情報が手に入ることだってあります。

 守秘義務だからと、警察がやってくるまで黙っていてもいいのか? 通報しないでいいの? という問題。

 通報するタイプで、しかも自力で証拠固めまでやってしまうといえば「探偵さん」でしょう。

 抜群の行動力と、突飛過ぎる空想力。

 近寄られたら、犯人に仕立て上げられてしまうか、事件の被害者にされてしまいそう。そんな、奇天烈なヒト。

 奇天烈なのに、なぜか日常生活に溶け込んでいるんですよね、こういう人って。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

日薬学術大会×擬人化倫理

学術大会続報。

今年の十月十一日(日)、十二日(祝)。

日本薬剤師会の学術大会が琵琶湖のそばで行われます。

日本薬剤師会の学術大会は、「なんとか学会」ほど重くもなく「社内研究発表会」よりは影響力・発信力が強い、発表会です。

二三百人くらいの一般的な学会と比較すると、参加人数がとても多いのが特徴です。

なにしろ、少ないときでも三千人近くが集まります。宿泊施設の多い大都市では、一万人近い規模の開催となったこともあります。

その、学術大会に。

先日、薬剤師倫理規定擬人化プロジェクトのポスター発表が、受理されました。

というところまでは、8月頭に書きました。

さて。

今回の発表ですが。

偉い人から、『絶対に受理されないから大丈夫』という不思議な太鼓判を捺されていましたが、査読していただいた方たちには、どうにか受け入れてもらえたようです。

タイトルは、シンプルに、『「薬剤師倫理規定」視覚化の試み』です。

内容は、まあ、なんとなく想像できるかと思いますが。

視覚化=ビジュアル強化=擬人化、という、強引な超妄想論理展開です。

同じ学術大会で、【倫理】関係発表は、薬剤師倫理規定擬人化プロジェクトと、おとなりさんの発表の二題だけなので、そのギャップがすごいんじゃないかと、今からビクビクしています。(なにしろ、おとなりさんは、「ホスピタリテー」ですから・・・)

昨年の【倫理】発表は「個人情報保護法」関連だけでしたし。

そうそう、今回は、発表形式が、特殊です。

続きを読む "日薬学術大会×擬人化倫理"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年8月 | トップページ | 2009年10月 »